【復刻版】SMAP特設サイトに思うこと&「仰天4時間SP」ZIP!インタビュー★

【こちらは  復刻版 うまれかわり記事  です】
<2017/1/4に作成した記事です>

 

 

昨日の午後、なんだかみんながワサワサしてる・・・と思ったら、

ジャニーズファミリークラブからのメールが・・そして、SMAP特設サイト、のお知らせが。

私も見ました。

うん。

まだ見ていらっしゃらない方もいると思うので、内容は伏せておきますけど~。
感想としては・・・あれと似てたかなあ・・・例の・・ほら、写真集を送ってきて・・初見の時の感覚。

あれ・・これには「愛」を感じるなあ って。

それまで、散々「印象操作」された記事やら、「スマスマ」の編集さえも仲の良いところはカットされているように感じたし、なにより守ってくれるはずの所属事務所からは散々な目にあっていたので・・「記念品」とか言ってさどんだけショボイもんが来るんだろな~・・なんて思ってて。

だけど、見た時に単純に「豪華だから」ということではなく、ちゃんと「作り手」の愛情を感じたんだよね。

と、同時に感じた事

私個人の見解だけど

これは、完成品じゃない って。

 

まだ、書きこむべきコメントや、プラスするものが本当はあったのではないかな・・って。未完成だと。

そして・・いつものイジワルなことをする人たちじゃない、誰かが準備してくれていたんだ、と。

 

昨日見た特設サイトは、この写真集と同じくストレートに、『25周年を記念して』作成され、届けるつもりのものだったんじゃないかなと勝手に思っている。それを、最終的に「違うもの」として私達に伝えてきているのではないか、と。これは個人的な感想なんで、聞き流してもらって結構なんですけどね・・。

違う意味の「メモリアル」にされちゃったなあ、と。

でも、SMAPは嘘をついていない。

彼らは誰も責めていない。

できる限りの状況の中で、精一杯、私達にメッセージを送ってくれている。

 

私は その想いを純粋に受け取ろうと思いました。

今日からまた、SMAP愛を発信し続けますし、メンバーのお仕事をしっかり守れるようにファンとして応援します。
そして、少しずつでも彼らの汚名返上、名誉挽回も続けてゆきたい。

まずは、今夜は「仰天4時間SP」!!! 

「ZIP!」でインタビューがありましたよ~

“およそ30年の付き合い”と画面に出てたけど、それはちょっと多めだなと(笑)思いつつ・・
レポーター 「お2人がお互い一番変わったなという点は?」

鶴瓶 「はじめはね、遠慮しておられたんですけど、途中からどんどん変わって・・・」

「今日、叩かれました!パァーンッて

鶴瓶 「こんなね・・65歳の人間を・・」 と話してるべーさんの向こうで合掌する中居君(^m^)

鶴瓶 「40そこそこの男がパァーン!・・」

鶴瓶 「中居さんの手でした。」

中居 「ボケたから叩いたんじゃなく、ただただ叩いた」

鶴瓶 「ほんまや!ボケてないねんもん・・思いっきり叩かれたやん」

鶴瓶 「それも躊躇なくよ!?」

中居 「はい。」

そして、中居君が思う「鶴瓶さんの変わったところ」は・・?

中居 「毛量が違う。」

べーさん、苦笑。

すると、スタッフのところに行き・・・

カンペを見せ、「どこが“良き所”や!」

鶴瓶 「あんだけずーっと喋ってて、最後“毛量”が出たら、」

「ハイ、って。」

鶴瓶 「“毛量”で終わりなの?」

レポーター 「失礼しました・・では最後に・・」

鶴瓶 「最後かいっ!!」

レポーター 「お2人がこれからプライベートでもお仕事でも(今年)期待することは?」

鶴瓶 「期待することは、ほんまにこれもうやっぱり・・結婚、でしょうね。」

鶴瓶 「もうそろそろタイムリミットですから。しないと思いますよ、でもまあ・・今年中になかったらもう、一生ないと思います。」

「・・・・・(にやっ)」

鶴瓶 「今年中に誰かを見つけてください。 それは、美紅(レポーター)かもわからないよ?」

レポーター 「21歳ですけど、大丈夫でしょうか?」

鶴瓶 「21歳!」

「・・・・・・!」

鶴瓶 「子供やんか」

レポ―ター 「はい、子どもです。」・・の2人の勝手なやりとりに苦笑する中居君。

鶴瓶 「お父さんって呼んでみ?」

レポーター 「お父さん。」

なんとも笑うしかありましぇん~(^m^)

中居 「そんな位置になるの俺?」

「21はちょっと・・難しいですね・・」

「22だな、やっぱり。」(by中居君)

あはは・・

今年も「結婚ネタ」が続きそうですなあ~
今夜は4時間SP!みなさんHDD残量は大丈夫ですかああーー

 

 

★SMAPの報道について  【SMAP】の【解散】って結局なんなの?違和感を感じてるあなたへ

★なぜ?  【更新版】世界に一つだけの花が売れ続けている理由