いつも心にSMAPを。~ボーダーを超えよう塗りかえて行こう~

毎週月曜日の夜、22時になると、復興支援のお願いのツイートが並ぶ。

スマスマを放送していた月曜22時
この時間があるから、私も一定の熱量を「維持」できていると思ってます。

こういった「定期」で気持ちを呼び起こしてくれることって本当に有効で。
心を離さずにいられる。
自身のためにも有効な活動だと思っています。

私がツイートしているツイッターのアカウントは、SMAP専用のアカウントと、復興支援パラサポ関連のアカウントのみ。

そういった意味では、ごく一般人の方が目にすることの少ないツイートだと思うんですが。

SMAPファンのNAKAMAが、同じようにツイートしているから。
付けているタグの #復興に向けて手をつなごう とか #スマスマ とかがトレンドに入ったりすると、「??なんだろう」とチェックする人がいてくれる。

 

そういった働きかけになることは本当に嬉しい。

 

1人では小さくても 集まれば何かが動く・・
これはずっと ずっと“スマ活”で互いに励まし合っていることで、実際に何度も

「実感」してきたことだから。

スマスマでSMAPがしてきたことは、そういうことなんだよな・・って。

そして、SMAPはそれを続けたかったんだろうな・・私はそう思っています。

番組で毎週呼びかけをすることじたい、かなりハードルが高いと聞いたことがあります。続けられたのは、5人の強い意志があったからだと。

SMAPは番組終わりの呼びかけだけでなく「スマスマ」の中で被災地を訪問したり、NHKの「明日へコンサート」「のど自慢」、TBSの「音楽の日」などでも復興支援に携わっていました。

それは、“SMAP”として、音楽を通してだったり、番組の企画のひとつだったりしたけど・・本当はもっと身近に・・現地の人々と接する活動をしたかったんじゃないかなあ・・と勝手に想像しています。

 

2011年にいくつかの被災地を“お忍び”とも言える非公開の形でSMAPは訪れています。
一部、その様子がNHKの「プロフェッショナル」で紹介されていましたが・・

彼らは本当はもっと、もっと、近づきたかったんじゃないかなあ、と。

勝手に想像しています。

 

あの頃の私は、「SMAPは多忙だし」とかスターの彼らが何かをする、となると色々と準備や規制があって難しいんだろうな・・と考えが浅く、分かった気分でいたのですが。

それだけでは無かったかもしれないな・・と今は思うのです。

 

彼らが「そういった活動」をすることを良しとしない、環境なのでは?と。

それは事務所かもしれないし。
日本の芸能界かもしれないし。
今の日本人の常識、社会の常識かもしれない。

スターの彼らが、「1人の人間に戻って」支援活動をする。
それが出来る未来が実現できるといいなあ・・

もしかして

“新しい地図”はそうした意味でも ボーダーを超えてくれるかもしれない

 

価値観、常識を塗り替えていくかもしれない。

その始まりになったらいいな・・・

そんなことふと思った月曜の夜でした。

 

SMAPがパラサポの公認サポーターであったこと

まるで消された記憶 になってるけれど・・


彼らは「理想」の形に近づこうとしていたんじゃないかな・・

無償でその役目を引き受けたこと

彼らなりの「未来」を夢見ていたんじゃないかなあ・・と勝手に想像しています。

 

SMAPが復興支援やパラサポの応援をしていたこと

消したい人がいるとしても

ファンが・・少なくとも「私は」消さないし、発信しつづけたいと思っています。

なーんて、こんなこと書くとまた「ブログの記事を消せ」って言われるのかな?(笑)
でも、やめません(笑)


“バカにされたっていい”

“ボーダーを超えよう”

「一歩ずつ、乗り越えて行こうぜ。」

そういう気持ち、今はまだ道の途中。

 

 

■原点はコチラ ▶ 「さくさく」gooブログ