2018/3/24「ON&ONAIR」松坂のグローブでやろう!/俺、ブタ野郎(by中居君)

<プロ野球開幕スペシャル~~>

 

中居 「どうもこんばんは中居です。『さてプロ野球開幕直前ですぅ~』」

(はずんだ声)

「『2008年までジャイアンツでプレーしていました』えー・・『2009年から大リーグで活躍していた上原投手がジャイアンツに復帰』~~♪パンパカパーン」(パチパチ 拍手)

(嬉しそうに)
「『新しい背番号は11番。前につけていた19は菅野投手が点けてるからね。』 さすがにあれか。19譲りますよ、ってならないんだね。 まあね! まぁ、そっか。 譲ったらカッコよくない? で、また戻せばいいんだからね。・・そういうのは あれでいいのか。そっか」

「『11番はもの凄いピッチャーがつけていた背番号です。角さん。角盈男さん、斎藤雅樹さん』・・その前、誰だろな・・11番。久保!!・・・久保の前、斎藤さんかなぁ?・・くぼ、さいとう、すみさん・・シピン! あら?シピン、11!? シピン、12?『現在、42歳。4/3で43歳。由伸と生年月日が一緒です。』」

「上原さんが戻ってきた。 ねぇ これちょっとねぇ!いいですよ! これ後ろ、後ろいいですよ。カミネロ。9回カミネロ、8回マシソン、7回・・上原。 もぅ6回まで行って澤村 復帰。これ4枚いるの。だから森福・・山口鉄。左のね。この2枚。あと、利根。 この辺が左ピッチャーで出てくれば・・中継ぎを・・ねっ?・・ってことは、もぅこれ7枚ぐらい居るんですよ。」

「先発ピッチャー、5回まで投げてくださいってことだ。でも、みんなもぅねいい年齢なんだよなぁ、上原も まあまだ、まだまだ・・澤村はまだ30かな? まだまだ老け込むにはまだ年齢でもないし・・ま、ケガしたから、去年一回・・投げてないのかな?うん。 これおっきいよ。ね?上原が来たことと、澤村が復帰したこれは・・歌っ!」

 

スタッフ 「 浜田麻里さんで Return to myself 」

 

 

 

曲:Return to myself (浜田麻里)

 

 

 

~CM明け~

中居 「『プロ野球が3月の30日に開幕いたします。』まもなくぅ~♪♪ えー・・『週刊ベースボールのところん野球好き』・・僕、知って・・みんな知ってんのかな? 週刊ベースボールで僕が月に1回れん・・なんかお話してるのね。ま、知らなくていいんですけどね。みなさんには、あまり・・あの関係のない話なので。」

「順位予想をね、ま、上からジャイアンツ、広島、DeNA、阪神、中日、ヤクルト。 パ・リーグは、ソフトバンク、西武、オリックス、ロッテ、日本ハム。 まぁま、なんでジャイアンツが去年の4位であるジャイアンツが1位なのか?って これもう単純なんですけど。もう好きだから っていう以外なにものでもないんですよね。」

「だってしょうがないでしょ(笑)・・今までで4位・・ってことがなかったんで。ね?3位、Aクラスだったわけじゃないですか。で、「惜しくも優勝逃した」っていうシーズンが多くて。だから、“来年こそは”と思って・・(予想を)1位にするじゃないですか。でも今年は・・ね?やっぱり・・4位のチームをなんで1位?っていうと・・もうこれねぇ・・・もう好きだから としか言いようがないっていうね。」

「たぶん、広島ファンの人は1位だと思ってるし。楽天ファンの人は優勝すると思ってるし。もう・・根拠もなにも無いですよね。 でも、今回で言うのはさっき言ったように、澤村と上原が うーん・・ピッチャーとね・・あの マイコが使えなくなったのがこれが痛いんだよな~・・150イニング分をどうやって作っていくかだねぇ・・。ね?ゲレーロていうね ホームランバッター入りましたけども。野球は、打線も大事ですけどやっぱりピッチャーなんで。」

「そう考えるとやっぱり、広島、DeNA・・DeNAのね、これ 週刊ベースボールでも書きましたけども桜井っていう日大三高の高校生ルーキーがいるんですけど このピッチャーがいいですね。あの~ドラ1の東っていうピッチャーもいいですけども、この桜井っていうピッチャーはね、僕はオープン戦・・で見て「あ、これいいピッチャーだな~」と思って。で、この間 ね?日本ハム、清宮とも戦ってなんか三振取ったりしてましたけど。それがちょっとねぇ・・そう考えるとDeNAがやっぱりね、ピッチャーが豊富なんですよ。そうするとなんか、ホント上位に食い込んでくるんじゃない・・あとねぇ、阪神のね 才木ってピッチャーがいいんだよなー。」

 

「さいき・・さいき・・才木だっけ? そうそうそう、才木!とか言わないもんね。この・・プロ野球選手名鑑・・あ!いた、才木! このピッチャーがちょっとね いいんだよなー。まだ2年目のハタチのピッチャーなんですけど、この才木って投手が阪神ちょっと・・ジャイアンツ、注目すんのは、えーとね・・大城っていう・・えー・・キャッチャー出身の選手がいるんですけど、注目して欲しいなーと思う。大城選手とね、辻選手、吉川選手、尚輝の方ね。ま、大幾選手もあれだけども。このね3人の左、4人がねちょっと、えーと注目して欲しいなーと思ってて。あっ キャッチャーだから・・キャッチャー出身だから前の方だ、これたぶん。ピッチャーの次だわ・・」

(と選手名鑑を見ながら・・)

「・・あ、居た!大城卓三。 一年目なんですけど。うーーーん・・・キャッチャーなんでね、あのぅ小林選手が居て、宇佐見選手が居て、河野選手っていうのがね居たりするんですけど、この大城選手って守る機会ないでしょうけど、なかなか難しいけどバッティングはいいんで、見て欲しいなって。ここで一枚、ハガキ読みます。」

 

 

ハガキ 「プロ野球、今年は青木選手の復帰、松坂大輔が中日。松井稼頭央選手が西武へなど、移籍した選手たちにも大注目のシーズンですね。中居君が期待している移籍組選手は誰でしょうか?」

中居 「やっぱ松坂じゃないかなぁー! 今度、オンエア4月になると思いますけど、あの 「5番勝負」って年末にやってるやつが4月にオンエアするんですけど。それは、去年のね、12月に野球ソフトボール・・ソフトボールかな、あのぉ・・収録したんですけど。まだその時、松坂選手の移籍が決まってなくて、どこに行くんだ?もしかして引退か?なんて “どこでもいいからがむしゃらにやりたい”なんていうような時期だった、去年の12月だったんで。」

のソフトボールの時に、松坂大輔からもらったグローブでやりました。 フハハッ(笑)あはははっ」

「 “がんばれ” の意味も込めて。」

「松坂大輔投手が、番組に来てくれた時に「中居さん、どうぞ」つってグラブ・・グローブもらったんですよ。んで、オンエアが4月なんで、なんのエールにもならねぇなと思ってたんですけど、それが女子ソフトボール対・・こっちが、オールプロっていう。あのー 試合でやったんですよ。だから守りもあるんです、こっち。5回までつって。そん時に僕、セカンド守ってたんですけど、どーしよーかなぁ~・・と思って、そしたらいつも使ってるグローブあるんですけど、そのグローブは別に意味はなくないけど、自分の慣れ親しんだ使い慣れてるグローブで行こうかと思ったんですが・・「あぁ 松坂・・決まってないんだなあ」と思って。

松坂のグローブでやろう! と思って。 ただ、松坂投手は内野手でもないので、ピッチャーのグローブなんですよ。 もの凄い、捕りにくかった。」(スタッフ 笑)

「フハ(笑)・・いや、練習の時にキャッチボールの時に初めて・・ね?家で一応、ボールとパァーンパーンってやるんだけども、それとキャッチボール全然違うんで。キャッチボールやった瞬間に「あ。これじゃねえ」 やっべえ!と思って。ま、かと言ってエラーはしませんでしたけども。」

 

「松坂投手のやっぱそうねぇ~・・やっぱさ、アスリートって・・ 結果が すべてなんですよねぇ~・・。結果を残してないと、言われることもあるしぃ・・。結果を残してる人がカッコよかったりとか・・・うん、ねっ?でも現役を退く、引き際のね美学・・よく言いますけども、どんな引き際でもやっぱり拍手をお送りしたいな、っていうのはもちろん、どの選手にもあったりしますけども。でも本人もやりたいんで、ね?あのー 何がもどかしい、ってケガだから。ケガで投げれないから・・と思いながら。」

「松坂投手には頑張って欲しい。 うーん・・青木選手は・・もちろんやってくれるとは思います。ただ、ね?今、ヤクルトがもの凄い状態がよい・・いい状態では無い、ので。でも青木選手が入ることによって、野手の方の厚みって増してきてると思うんですよ。あのー ほんとにポジション争いって去年まであんまり無かったんですけども、みんな帰って来るんで。 畠山、川端、高井雄平・・で、坂口がファースト守るんじゃないかな?って。若い選手も出て来てるんで面白いんですけども、なんせね・・ヤクルトはピッチャーがいないんだよなーー・・ だから6位にしてるんですけどもね・・」

「ちょっとピッチャーがね・・うん 居なさ過ぎるなー。うん・・そうなるとぉ 野手の宮本選手が宮本コーチになったりとか。えー 広島の石井琢コーチがヤクルトに来たとか。野手はやっぱり2年、3年でちょっとね、あのー 育っていくかなーと思うんですけど。なんせピッチャーの台所事情が・・」

 

「日本ハム、6位にしましたけど。やっぱり増井投手が居なくなりました。抑えの。やっぱり大谷投手が居なくなってこれちょっとおっきいな、とは思いますね。清宮選手が来て、注目はあるでしょうけど・・うーん、やっぱり打の主軸、ピッチャーの軸になる人が居なくなったのがちょっと、うーん どういう風にバランスを取るのかなぁ と思いながら。」

「・・そうねぇ やっぱ、上原でしょう。」

「 “復帰” って考えるんなら。こうやってねぇ帰って来てくれると嬉しいよね。帰って日本でやってくれれば・・イチロー帰ってこねーかなあ~・・や~・・ダルビッシュ見てみたいよね~・・・うーん・・。マーくん、見てみたいよねー?マエケンも広島いたらどうなってんだろうねー・・とか。想像してしまいますよねぇ。」

 

「あとはそうね、清宮選手。 清宮・・どうなんだろな・・ねっ? やっぱり、清原選手は やっぱり、高卒一年目で31本って凄くない? 中田でさえも、松井でも無理なのよ!? 高卒、一年目の31本。やっぱり、高卒一年目の清原の31本、高卒一年目の松坂の16勝。 これスゴイな!って。うん。大卒社会人だったら、ちょっとまだ可能なのかなー?なんて。 高校卒業で、ね?「清宮すごいなー」とか「松井秀喜すごいなー」って言われても、やっぱり2ケタ行かないからね。中田でも行ってないんじゃないかなー?・・うん。」

「や、松坂の高卒一年目16勝っていうのも、ほんとやっぱり怪物だな、って。もう出て来ないんじゃないかな?って思いますよね。 まあま、たぶん・・3連戦どっか観に行ってんのかな~」

「だって、オープン戦とかも観てるからぁ・・今日お休み・・日曜日お休みだ~♪って観てるでしょ?で、ホント 7回、8回ぐらいになるとぉ あのー主力の選手が代わって若い選手になるのよ。それが楽しみ!なのよ 「なんだコイツ?」ってやつ居るのよ。俺でも知らないやつ。「なんだこいつぅ?」って 何? 3ケタなんですけどぉ~背番号 とか。そういう選手見てるの楽しいね。 これなんの感覚なんだろなぁ。」

「どういう感覚なんだろな。なんか目をつけておきたいな、と思っちゃうのね。うん。憶えておいてくださいね、えー・・大城選手。 えー、吉川尚輝選手。ね・・あと左の辻選手。この3人ぐらいね あのなんかこう・・左でね・・あのジャイアンツで左のバッターが居ないんですよ、面白いもので。面白いもの っておかしいけど。1番から9番まで、阿部慎之助以外みんな右バッターというね。これ、左・・左ピッチャー対策かな~?と思って。次の試合、右ピッチャーでもそれでも阿部1人だ、っていうね(笑)しんのすけ。」(スタッフ 笑)

「ハガキいきまぁ~す」

 

 

 

ハガキ 「中居君の中で勝負メシみたいなものはありますか?」

中居 「勝負メシってなんだろ? 勝負パンツ?って じゃなくて勝負メシって・・え?女の子に作るってこと?」

スタッフ 「ここ一番、で食べる・・気合入れる時に食べる」

中居君 気合入れなくても、カツカレーじゃない?(スタッフ 笑)

「え?なん・・どういうこと? 気合入れなくてもカツカレーだよね。 え?カツカレーじゃね?」

「カツカレーか、生姜焼き定食か・・この間、やよい軒っていう・・定食屋さんあるんですけど。やよい軒行って、何食べようかなぁ・・と思って、生姜焼き定食頼んだんだけど、やよい軒の生姜焼きの味はすんげぇ美味しいんだけど、豚肉が少ないのよ・・」(;▽;)「あれどうにかしてくんないかなー」

「もうちょっと 欲しいんだよなー。生姜焼きって全然違うよね、店によって。あの ほんとにロースで照りがついてるやつもあれば・・結構、つゆだくっぽいのもあれば、なんかこう・・絡み合った なんか豚バラがなんか絡み合った生姜焼き・・生姜焼きっていろんなとこで違うよね。でも、ただオレ、全部好きなんだよね!

「なんだろなー・・カツカレーか・・カツカレーか、生姜焼きか・・あぁ まぁチャーハンか・・でもチャーハン、ちょっとこの間マズイの食ったからな。カツ丼か・・うん。 結局、俺 ブタ野郎だね! フフッ(笑)」

 

「ねっ? 俺、ブタ野郎じゃね? 俺、ブタ野郎なんだよね

「いねんだよな、女の子。「カツカレー食べ行こうぜ。」つって来る女の子居るかな? 誘ったことがないね。「カツカレー食べにいかない?」って。」(スタッフ 笑)

「そーいうのを誘ってくれる女が好きかもしれないねー。「ねえ今日ランチどう? 中居君」つって。「あーいいよ、何食べる?」って「カツカレー食べに行かない?」って。そんな女の子ちょっと好きになるなー。居ないよね?「カツカレー食べに行こう」って。・・ギリ、ラーメンはあるか。・・うん。」

「『中居君、今日 昼間何やってんの? ご飯食べに行かない?』 『ああ、いいよ全然。今日だったらご飯たべに行こうか?何がいい?』 『中居君、何がいい?』 『ああ なんでもいい、任せるよ』 『私・・今日、カツ丼の日なんだよね』って言ってくれたら嬉しいね。」

おぉ~ くるね、君。みたいな(笑)カカカ・・」(スタッフ 笑)

「お~君、そういうとこあんの?って。「今日・・私ちょっとね・・カツ丼・・カツ丼はずせないんだけど、中居君いい?」って、俺がもう「わかったよ、カツ丼で」って言うぐらいの人がいい。「しょうがねえなー、カツ丼」って・・だって基本的に俺、カツ丼食いたい時は俺から引っ張る方でしょ?無理やり、ほとんど無理やりでしょ? ま、そば屋行ってあっちがおそば食べて、俺がカツ丼食う・・みたいな。カツ丼は絶対食わな・・はいっ歌ッ! カツ丼!」

スタッフ 「 KANさんで愛は勝つ 」

中居 「くっだらねぇ~~!」

 

 

曲:愛は勝つ(KAN)

 

 

 

~エンディング~

中居 「あのさ・・カツ・・かつ膳じゃねえや・・・かつ屋・・じゃなくて、一回ね美味いトンカツ屋さんに行ったんだよなー。渋谷にあったんだけどなー。渋谷のなんかね、うまかつた!美味かった。カツ出す店。うん。あれなんつったっけかなー・・忘れちゃったな チビ連れて行ったんだよなー。」

「トンカツはですね、一応 あさって食べる予定です。 ・・はい。ご飯2杯食べる予定です。また来週。」

 

おまけハガキ 「中居君は未来が読める能力と、人の心が読める能力、欲しい能力はどっちですか?」

中居 「いやぁー・・どっちもいらねえな。どっちもいらない。」

「人の心読めたら、もぉ辛いでしょー。バラエティも出来ないでしょー。ずーっと楽しそうに喋ってる女優さんが「早く帰りたい、早く帰りたい、早く帰りたいはやくかえりたい」(笑)」(スタッフ 笑)「もぉ仕事になんないでしょ。」

「未来を読める能力、つまんないワ。なんの努力もしなくなっちゃうでしょ。 また来週。」

 

だよねー。だよねー。私もどっちも要らないですー。
こういうのは「こういう力があったらなあ」と夢想している時だけが素敵なんでしょうね。

それにしても、後半はすっかり中居君の妄想の「もしもランチに誘われたら」だったけど(笑)
こういうの聞いちゃったら、中居君とカツ丼行きます!って女子はいっぱいいるとは思うよ(^m^)
まあ、その前に中居君とそーゆーシチュエーションになる女子がどんだけ居るか知らんけど(笑)
で、ギャル曽根ちゃんみたく、中居君のお財布をおびやかすぐらい食べられる女子だったらどうなんだろうね?
ウフフフ。

今週は野球のお話いっぱいしてくれましたけど。
声もウキウキ とっても可愛かった。
あと、注目選手のお話の時に「憶えておいてくださいね」って言い方がとても優しくて。中居君らしいなあ・・と。松坂大輔選手のグローブのお話も・・中居君らしいな。

これで「5番勝負」がまた楽しみになりましたね。

 

番組へのメッセージ ⇒ おハガキで 〒100-8439 ニッポン放送「中居正広 ON & ON AIR」係

ABOUTこの記事をかいた人

さくちゃです。 基本、パンクス。でもセラピスト。 中居班。 中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾&森且行を尊敬しています。