最終日「クソ野郎と美しき世界」☆彼らからの大きなギフト

23万2348人

4/17(火)までの動員数が発表になりましたね。
そして、いよいよ本日4/19が、公開最終日。もしかして・・25万人いっちゃう?
(^m^)

な~んてひそかに期待しておりますよ~。

2週間、期間としては短かったかもしれないけれど、ほんとうに濃い、記念すべき出来事だったんじゃないかな。もちろん、彼らを応援する身としては“幸せ”な日々


今日は最終日ですが。
1度も観たことのない方が、1人でも多く席に座り、映画を観ることができますように・・。

ファンだけでなく 1人でも多く、このギフトを受け取ってもらいたいな。

 

さて。
ネタバレを避けつつ、抽象的な感想を今までしてきました。
今日も具体的な表現は避けつつ(笑)・・

実は映画を観ていない方でも
ポスターとかじっくり見るとね、ヒントはいろいろ隠されてるよね。

「手」「指」が印象的にストーリーに関係してくるんですが。
映画を観てから・・私は、いっつも浮かんでくる映像があります。

2016年12月26日の「スマスマ」。
「世界に一つだけの花」を歌った時の・・

中居君の手を思い出すの
ひらひらと
5人を思わせる指。

 

「クソ野郎と美しき世界」ってさ・・・

SMAPのの字も無いのに
染み渡る スマ的充足感

3人なのに
感じる2人の存在感


そういえば・・中居君は以前、5人が出演する映画を作りたい、と語ったことがある。

クッソユニバース (あ、失礼(笑)
空想宇宙
クウソウ、だけど
思ったよ。


「クソ野郎と美しき世界」は・・もともと、5人の映画を作りたいという夢が原型じゃないかって。

予定とは違う形にはなったけど

想いを引き継いだ作品が出来た。

 

5人を感じるのは当然で。
作品中に作り手の想いが溢れてて。
そのエネルギーは収まりきらないほどの光量で。

だけど眩しくはなくて
満たされる光に
包まれたい気分になる。

ああ
これってSMAPだよなぁ って。

SMAPじゃん。

みんなが笑顔になって
勇気と元気をもらって・・・幸せだけの空間。

映画には沢山のメッセージが織り込まれていて、解釈も数えきれないほどあるけど。
ひとつ、ひとつ、については今日は語らない。

 

思い出すのは

ひらひら「またね」と揺れたあの手のひら。

辛くて あの日っきり見てない手。

 

がんばってがんばって
がんばった手は

ホームを一度、失うけど・・

光へ向かって
明日へと歩み始めてるんじゃないか。

そう思わせてくれるに溢れてた。

どうしようもない切なさとか、絶望とか否定せず
それでも、見るもの全てにこの世界の愛しさをじんわり、感じさせてくれるやさしい作品。たくさんの人を救い上げてくれる作品。

最初は「成功させなくちゃ」ぐらいの勢いでファンは意気込んでいたと思うんだけど
これは彼らからの 本当に大きな大きな愛のギフト だったよね。

 

さあ。
最終日、日付の切り替わる24時には生配信でメッセージもありますね
みなさん、よい1日を~(^0^)

コチラ ⇒ 映画「クソ野郎と美しき世界」2週間限定の劇場公開を無事完走! クソ野郎3人から8分6秒の御礼YouTube Live配信(生放送)が決定!!