今年も「音楽の日」はゴールデンコンビで☆“基本に忠実”に声を届ける!

音楽の日 

昨年は、中居君がまたMCをするってわかって嬉しかったなぁ~・・・
あ、いや 2016年も本当に嬉しかった。
いやいや、もちろんその前も・・最初から・・  だけど・・

やっぱり

2016年からはハラハラ・・
神様にお祈りしながらその発表を待つ日々。

今年はどうなるんだろう・・

 

昨年は、最後の締めの言葉「また来年お逢いしましょう」
が中居君じゃなくて、安住さんからだったのよね。

思えば・・2016年「“明日へ”コンサート」「来年こそ」「また来年も東北で」と言っていた中居君・・その想いが叶わなかったことを気にしているのか!?って思うことがある。

自分の「未来」が見えづらくなったのか!?・・中居君は以前のように「また」と締めくくることが少なくなってしまった。

 

だからこそ

今年も「音楽の日」。

もうすでに皆さんもハガキやメールでリクエストしていると思いますけど。
ぜひ、今年もココカラ、追い込み?ってことで(笑)

実際、私が “中居ファン” ということを差し引いても、
やっぱり安住さんの相棒は中居君だよね と見たいコンビ。

 

話が飛ぶようだけど・・
昨年あれだけ大宣言して、ゴールデンに移ったテレ朝の「図書館」は今、いつ放送するかハッキリしない番組になってしまった。ファン以外なら、終了しても気が付かないかもしれない。

日テレ系は「ナカイの窓」「仰天」だよね。
「窓」のリニューアル、ロケ企画はみんな心配したけど がんばってくれて、とても面白い番組になってる。
だけど・・やっぱり不安は消えない。
「仰天」は枠移動・・・という最大の危機はいったんクリアしたと思うけど・・それでも放送回数は減ってる。

他局よりはSMAPを出してくれるTBSだって・・
先週の「金スマ」でヘルムートさんが週刊誌に・・の終わり方。あれを入れたのは何かのメッセージ?
やっぱりバックアップせねば。 ムムッ

ずっと

ずっと

不安だよね。

 

現場レベルが番組を愛情持って作っていて、がんばっていることは私たちは知っている。
そして、それでも最終的には「上層部」が決定権を持っていることも・・よく知っている。
何度も、傷ついて、無力感を味わってきた。

それでもやっぱり『今こそ』
いつものように基本に忠実に。  

ハガキ、メール・・一般視聴者の声を「形」に「数」にして届けようと思う。

 

『今こそ』踏ん張るとき。

今、“SMAP” と地上波の全国放送でオンエアに乗せることの出来る最後のメンバー

最後の砦。中居君のテレビ。

 

世間一般の皆さんはきっと知らない
SMAPの3人がなぜ『SMAP』と口に出来ないのか
SMAPの5人がなぜSMAPの歌を歌うことが出来ないのか

 

SMAPは世界でただ5人だけ

他の誰でもない。

 

そのことはみんなよく知ってる。
だけど、「SMAP」という名前や楽曲に権利があって、口にさえすることが出来ないのだ、という事実はあまり知られていない。
彼らの後輩のジュニアの番組では普通に歌われている、SMAPの歌。
年末のジャニーズカウントダウンでは、SMAP以外の者なら歌うことが出来る。

だけど本家SMAPは 公けの場で歌うことは出来ないという事実 もっと知られてもいいと思う。

 

「 歌ってもう 出演者にとって、3分しかないの。命が。」

「この3分の間で、伝えなきゃいけないものってあるわけですよね。」(by 中居君)

 

自分のプレイヤーでありながら、アシスト側に徹して「歌を届ける者」の気持ちが誰よりわかる中居君。
中居君がMCの音楽番組が続きますように・・

SMAPとも強い結びつきのある「音楽の日」を見るのが辛い・・というスマファンも多い。
だけど、彼らと音楽を結びつける大切なこの場所を 今年も中居君が守ることができるといいな・・

そう思って、また今年もがんばりまーす

よろしければ・・あなたも(^m^)

 

テレビ局へのご意見  テレビ局へのリクエスト、ご意見

このブログの原点は ⇒ 「さくさく」