第55回ギャラクシー賞/慎吾が出席に「両方やってる感じ。どうすんの?」と久米さん。

やったぁー すごーいパチパチ おめでとうございまーす!

\(^0^)/

って、喜んだ「ギャラクシー賞」の贈賞式が昨日ありました。
Abema TVの生配信特番「72時間ホンネテレビ」が、テレビ部門フロンティア賞を受賞。
式には慎吾が、出席しまして・・私は一番最初にネット記事でそれを読んだのですが。
動画がアップされていますので・・
まだ見ていない人はぜひ、そちらをご覧くださ~い(記事だとニュアンスが違う感じになっちゃうのよ)

コチラ ⇒ 第55回 ギャラクシー賞 贈賞式

動画では、はじめに藤田社長が表彰された感想を述べているところなどから始まっています。
そして、『72時間ホンネテレビ』の出演者として、慎吾がゲストで登場します。

司会進行は久米宏さん、そして小宮悦子さん。

慎吾はステージにあがったけど、すぐにインタビューにならず。
久米さんは、藤田社長にこんな言葉を投げかけてる「SMAPがあんなことになって・・72時間生放送をやろうというのは、お風呂かなんかで思いついたんですか?」と。

72時間生放送をお風呂で・・の前に「SMAPがあんなことになって」という言葉をつけて話しかけてる。別になくてもいい言葉なのに。
久米さんって、テキトーそうで確信犯だよね。準備ヤロー。

そして、慎吾へのインタビュー。 

 

久米 「香取さん、お待たせしました。72時間ってのは非常識だって思いませんでした?」

慎吾 「いや・・・」(と、マイクを向ける小宮さんと目が合い、会釈する慎吾)

小宮 「おひさしぶりです。」改めて、挨拶し合う2人(笑)

そして、藤田社長を挟んでちょっと遠い位置から手を伸ばしてマイクを向けていた小宮さんが、小走りで回り込み・・慎吾のすぐ脇に移動する。

慎吾 「あの~・・そうですね、72時間も出来るのかなあ?とか大変だろうなって思いもあったんですけど。72時間もあったんで、ずっと とっても楽しかったです。」

久米 「考え方か。“72時間も”あったんで」

慎吾 「はい! 72時間あったんで・・アドリブもなにも・・もうホントになんでもアリで。あのぅ・・今日は久米さんのアドリブが多くて今のところ、20分押しだそうです」 場内、笑いが起きる。

久米 「いや、僕はね台本通りにやるので有名なんですけど。あのう・・今の話聞くとネットもテレビの生放送もやる方としては感覚違わないってことですか?」

慎吾 「えー・・そうですね・・テレビで30年近く遊ばせていただいて、たくさん勉強させていただいたものをインターネットテレビでも何か新しく出来たらな、と思ってやらさせていただいて今もうやらさせてもらってるんですけど。なかなか・・思ってたよりも違う部分も多くて・・」

久米 「違う?」

慎吾、うなづきながら「難しさはいっぱいあります。」

久米 「何が一番難しかったですか?インターネットは」

慎吾 「・・そうーですね~・・なんだろ・・結構・・うーん 自由さが多いところは難しいかもしれないですね」

久米 「あぁ~・・72時間ってほとんど放し飼い・・だもんね。時間的にね。」

慎吾 「・・放し飼い ですね・・。」(場内、笑い声)

久米 「あの ちょっと質問の矛先を変えますが・・。」

「え。SMAPは解散したんですけど。やっぱりまだ、世間はSMAPって あるんですよね。感覚的に。ご本人もSMAPはなくなったんだけど、まだSMAPだし。自分も SMAPじゃないんだけど・・まだSMAPのところもある、って妙な感覚・・慣れました?」

慎吾 「・・慣れました・・!」

「・・“慣れました”・・そーですね・・。こんなに直球で聞かれたのやっぱり・・久米さんぐらいなんですけど。あのもうちょっと・・何か月前だったらアタフタしたと思うんですけど。今、久米さんにそう言われてもアタフタの「アタ」ぐらいなんで・・ちょっと慣れたのかな?と思います(笑)」

久米 「自分でも両方なんとなく・・ね? やってる感じなんだ?」

慎吾 「・・・・・(笑)両方やってる感じ・・」

久米 「でも見た方はね、「あ!SMAP」って思うんですよ、どうしても。でも違うんだ、とも思うんです。」

慎吾 「・・うん。・・」

久米 「どうすんの?」

場内、笑い。

慎吾、返答に困り・・マイクを向けていた小宮さん(すいませんね~って感じでペコペコしてる)と目が合い。

「小宮さん、おひさしぶりです。」(場内、爆笑)

小宮 「ねぇ! あの 直球で答える必要ないんですよ」

慎吾 「(笑)そうですか?」
小宮 「そうですよ。」

慎吾が、困りながら質問に答えよう・・とすると、ここで久米さんから解放されて写真撮影へと移る。

小宮 「(慎吾を見ながら)と、言うことです。解放されました。」

久米 「無茶な質問して申し訳ありませんでした。僕としてはまともな質問だったんです。」

*********************************************

うん。

慎吾は困ってたけど。

私は・・嬉しかった?・・んー“うれしい” でもなくて・・なんつぅんだろう。
ニヤニヤした、ってのかな(笑)

 

一般人はそうなんだよ。

5人を見れば「SMAP」と思うし。

SMAPは解散したかもしれないけれど、消えてないし。
SMAPの歌は今も “SMAPの歌” として、それぞれの心にあるし。

ずっとSMAP これからもSMAPなんだよ。

変わらない。

 

私は、2017年になって・・
東京新聞さんにメッセージを投稿する時に「SMAP」は現実として今、ないから。事実と異なることは載せることが出来ない。ウソを載せるわけにいかないから「元SMAP」と表現するしかない。・・と説明されて、頭では分かるんだけど。やっぱり、気持ちでは分からなくて。

2018年も半ばになれば、そう呼ばれていることも、書かれていることも「慣れた」けど。

そこに言及した久米さん。
こんなにストレートに聞いてくれた人が「伝える側」の人で居ただろうか・・。

そこに ニヤニヤしたの。うん。

(。-∀-)フフ

 

今日から、6月。
いろいろあるのかなあ~?
みんな、ほどほどに力を抜きつつ(笑)SMAPを愛して参りましょうね~。 

ネット記事の方も貼っておきますね~。

コチラ ⇒ model press 香取慎吾“元SMAP”に慣れた?直球質問に回答<第55回ギャラクシー賞>

*******************************************

テレビ局へのご意見 ⇒ テレビ局へのリクエスト、ご意見

このブログの原点は ⇒ 「さくさく」