ありがとう。あの日々がつながった未来「中日新聞社広告大賞」受賞・新しい地図

昨日、中日新聞社広告大賞の表彰式がありました。

コチラ ⇒ 新しい地図TOPICS 20180608

2017年9月22日の東京新聞掲載「新しい地図」が第9回中日新聞社広告大賞[一般紙の部]特別賞を受賞、表彰式に代表して草彅剛が登壇いたしました。

~こちらは、東京新聞写真部アカウントのツイートより~

東京新聞写真部アカウントのツイート ⇒ https://twitter.com/tokyoshashinbu/status/1005053109142315008

 

剛の堂々としたタキシード姿が素敵ですね~。
そして、中日新聞さんのアカウントからこんなツイートがつぶやかれました。

中日新聞|東京新聞 広告局アカウントのツイート ⇒ https://twitter.com/np_ad_/status/1005058777882607617

「2016/9/9の紙面もご覧になりながら。」

「この広告は『ファンのみなさんが作ってくれた場所なんで』」と言ってくれた、と。

 

控室?で2016年9月9日の東京新聞「TOK TOK」の紙面を前に座っている剛のお写真。

東京新聞さん、ありがとうございます。

 

TOK TOKさんには何度も、何度もお世話になりました。
2016年の “SMAP”について出てくる報道、発信されるものについて、どうしても納得できなかった私。

彼らの本当の姿じゃない・・

みんな、ちゃんとSMAPを見て欲しい。

そんなことを思いながら・・
そして、ファンは「私たちは変わらず応援しているよ」「ここにいるよ」「9/9 おめでとう」それを伝える場所が欲しかった。

テレビ局もラジオ局もファンの声を本当に届けてくれているのか!?不安もあった。疑心暗鬼になった。

そして、ただ「届ける」だけではなく・・・ファン以外の世間にも知らせたい・・目にとまる方法はないか?
そんな思いもあった。

番組HPには体裁のよいメッセージしか掲載されない、街の声としてVTRに映る人は本物のファンではなかった。

小さなフリーペーパーに始まり・・
試行錯誤しながら、東京新聞さんTOK TOKへの投稿へと導かれた多くのファン。

 

2016年9月9日だけじゃない

それから、ずっとずっと・・
いち読者の「声」に寄り添ってくれた。
本来の「TOK TOK」の使い方とちょっと外れていっても・・可能な限り、ひとつでも多く掲載しようと大変な努力をしてくださった。

忘れません。

本当にありがとうございます。

 

何度も 何度も
まだ誰も歩いていない早朝の道をコンビニに急いで向かったこと。

新聞を大事に抱えて帰ったこと。

時にはコンビニに夜中に電話をして「東京新聞のとりおき」をお願いしたこともありました。

 

ファンの一縷の望み・・藁をもつかむような必死な行動に希望を与えてくださった。

 

小さな希望の光が・・大きなうねりとなって・・
年末の朝日新聞さんに8面に渡り広告掲載された「SMAP大応援プロジェクト」にも発展していったこと。

その “アンサー” として、今回受賞した「新しい地図」の広告が東京新聞さん、朝日新聞さんに掲載されたのが忘れもしない、昨年の9月22日
そう、あの日も新聞を大切に胸に抱えて・・足はたぶん5cmくらい浮いて(笑)会社にむかった。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

 

絶望じゃない ―。

いつもそう思えたのは、苦しい時も手を差し伸べてくれる人たちがいたから。
優しさで 応えてくれる人たちがいたから。

新聞の小さな個人広告。
「おめでとう」「大好きだよ」「ありがとう」・・・
そこに至るまでのそれぞれの想い。願い。誰よりわかってくださっているのがありがたかった。。。

世界につながる青い空に描かれた東西南北。

S N E W  

ススメ、未来へ。
アンサーは、どこまでも希望へと続き、勇気をくれた。
何も知らずに、新聞を開いた人にもワクワクを感じさせてくれた。

 

「新しい地図」
第9回中日新聞社広告大賞[一般紙の部]特別賞、受賞おめでとうございます。