5人は宿命。SMAP、この人たちは繋がっている☆

もうずいぶんと長い間、答えの出ない宿題に取り組んでいる。


こんなことが起きていいのか?

 

と思ったことは 幾度となくあるし。
胸の奥底から自然と「憎しみ」の塊 のようなものが沸いてきたこともあった。
願いが届かず、その日を迎えた数々の終わりという現実。

 

それでも また

光を求めて

新しい足跡を刻みはじめた。

 

笑い声も増えた

希望もある。夢もある。もう絶望ばかりの日々じゃない。

 

自分の心も決まっている。
『どんなことになっても 応援する』 答えはシンプルだ。

 

だけどね・・・
人間だから・・やっぱり、こうだったらいいのになぁ・・という気持ちは消せないよね。
だから、みんなツライね。

 

この数週間で、感じたこと。

SMAPが 思った以上にSMAPだった、こと。

SMAPが 自分以外の“SMAP”に愛情をもっている、こと。

5人を応援して、その言動を追っているとひしひし・・と感じる。

SMAPという「チーム」への愛
SMAPというチームを形成する、1人1人の仲間への想い

 

― それを感じる時、心にあたたかいものが流れる。 ―

 

時々、計らずも別々の場所なのにシンクロし合ってるさまを見守っていると
5人は「宿命」なのだ、と。

ああ、この人たちは繋がっている。

きっと、必ず一緒になる。

それだけは、確信がある。

 

ただ、自分にはそれが “いつ” なのかは分からない。
完全に自分本位な願いなんだけど・・この葛藤が・・なかなかの難問。

この宿題はいつ終わるのだろう。

答えが探せないまま・・苦しんでいるNAKAMAがいっぱいいる。
ただ・・ただね、最近ちょっと思ってる。

世の中の力関係・・どうしようもなく、打ちのめされて。
追い出された気分だったこともあるけれど。
追い出した奴らが祝杯をあげているように感じたこともあるけれど。

追い出した方が勝手につまづいたり、崩れ始めているのを最近、見かける。


何かが変わるかもしれない。
世間一般の人の中に「そういうことか」と気づく人が出るかもしれない。

味方、は1人でも多い方がいい。

SMAPはいつも優しい 誰にでもあたたかい眼差し 笑顔を向ける人たち。
みんな思い出して欲しい。

・・・なんて、会社でキーボードを打っていたら・・・
関西で大きな地震。皆さん、大丈夫かな?・・・・

平穏はあたりまえじゃない。時間は有限。さあ、今日もそれぞれ“がんばりましょう”