SMAPはここに居る。私のあなたの、そして彼らの胸の真ん中に。高まる気運。


現在進行形で 中居君がSMAPと言ったから 7/12は記念日。

☆。:+.・゚*

なんつってー。(≧▽≦)
いやいや、中居君は別に7/12じゃなくても「SMAP」って自分の番組の中で発言しているし。

それはいつも「今もここにいる」現在進行形。

サラダ記念日ふうに言ってみたかっただけです。はい、すいませんっ。
それぐらい今週の「ナカイの窓」で中居君が口にした “SMAP” は自然で今のエピソードだった。

今も当たり前に存在している ―

うん、私の中でも続いているよ。
だから、だから辛いのかなぁ?

スマファン、それぞれ個性は違ってもやはり今、この2018年7月の時点 かなりキツイものがあるのではないだろうか。
2016年の過酷さとは比較はできなくて。また別の苦しさ。

 

今も自分の中でSMAPは続いている・・“だったらいいんじゃない?” “何がツライの?” って思う人もいるでしょう。
私も自問自答してみた。
過去に星の数ほどのスターたち、バンドやグループが解散したり、活動停止したりしている。
そのファンたちは、残された作品を愛でながら個人活動しているスターを応援して幸せに暮らしている。

そういうパターンがほとんどだから。

では、そういうパターンへ移れないスマファンってなんだろう、って。

 

無念。

 

それは「無念」。ということなのかもしれない。
自分達はピリオド、「 。」を打っていない。打ちたくない。

頭に浮かんでくるのは2016年の彼ら。

自分たち発信の活動ができなかった。
・・SMAPの歌を歌うことが許されず・・・
「スマスマ」にゲストに来られたアーティストの歌に 魂を乗せて伝えよう、とする姿。

鬼気迫る・・凄まじいほどの 伝えたい というエネルギーが画面から溢れ出ていた。

 

魂の叫び。

そして、12/26の「スマスマ」の最後の最後に歌った自分達の歌。「世界に一つだけの花」。

あんなに悲しい 悔しい 苦しい「世界に一つだけの花」はかつてなく。これからも無い。
ゲストとの気迫あふれた素晴らしパフォーマンスも、
最後の「世界に一つだけの花」の録画も私は見返すことが出来ない。

無念・・ だからと言って、彼らは人を恨んでどうこうしよう・・という人たちじゃない。

心のこり、SMAPだけじゃない、関わる関係者、ファン・・
相当な数の人々の「思念」・・昇華できない 行き場のない想いがこの宇宙にうず巻いている。

― 募る想い ―

想いは時空をも超える。

割り切れない、いつまでも片付くことのない心の整理。
たくさんの人のエネルギーで膨れ上がった風船は・・・いま、パンパンな状態のような気がする。


高まる気運。

求められている、ムード。

 

これをすべて受け止めて人々を笑顔に変え、
プラスの力を大衆に巻き起こすことが出来るのは・・SMAP。彼らだけだと思う。

ファンの大半は疲れているよ。
私もそう。
でもそれは彼らをキライになったのではない。むしろ、想いは深まるばかり。

めんどくさいスマファンとやらも いつか居なくなる。

そうあの事務所は思っていたのだろうね。
いやいや・・甘かったねえ。

いつ

何がどうなるのか。

契約は? 再結成? 独立? etc・・・

正直、突き詰めれば「本人にしか分からない」が真実でしょう。

事情通も、家族でさえも エラそうに言えない。決定権は本人にしかないのだから。

 

ただ私は、中居・木村からも 稲垣・草彅・香取からも しか感じない。
SMAPを 仲間を思う愛。
そして、新しい地図の運営側、パラサポやサントリーさんまで・・お仕事をしている側からも

愛しか感じない。

だから、信じられる。

 

ただ、長期戦でみんな疲れてきているから。
なにか「方向性」を示してくれる日を待っている。

愛だのなんだの しゃらくせえこと言ってるSMAPファンとか言うやつらがウザイ、

と思って足を引っ張る人がいると思うけど。
まさに「バカにされたっていい」

― 笑い声のする方へ ―

愛のある人 光のある方へ 笑い声のする方へ・・・
不快な臭いをさせている人、方角には目を向けなくていい。
道に迷わないでみんな辿り着けますように・・・

今が一番、トンネルの光が見えにくいところ
きっともうすぐ光が見えてくる。
間違えなく高まってきている気運・・・あと、一歩!!