あの日々を乗り越え、いま2018年に立っている。SMAPファンの描く未来地図は?

ここ最近、感情が忙しくて なんか収拾つかないような

なんというか、説明ができないというか。

 

数日前に タキツバの報道があって。

なんやかやで💧・・慎吾とNAKAMAたちのパリ行きを見送って
「あ~ 安室ちゃんの音楽番組、つよぽんが司会なんだぁ」
・・って楽しみに待っていたら

 

樹木希林さんの訃報が飛び込んできた。

すっごく寂しくなった。

 

女優さんとしても、1人の女性、人としても好きな方だった。
小っちゃい頃から、彼女が「おばあちゃん役」を演じていたから
ず~っと ず~~っと・・そのままでいてくれるような錯覚もあって。
全身がん、と聞いても
まだこれからもお会いできるような気がしていて。

 

「出演者の皆さんが元気で健康でいられるからできるんだと思います」

 

13年ぶりに「味いち」が帰ってくる・・2011年のSP放送前に中居君が口にした言葉。

今井雅之さん、野際陽子さん・・そして希林さんまで逝ってしまわれたいま、染み入る。

若くて、無鉄砲で荒削りな才能を持て余しているような伊橋は 中居君でもあった。
13年ぶりに復活した「味いちSP」で・・

 

「世の中を自分で変えることはできない 

   変えられるのは、自分の生き方だけだ」

 

悩み挫折しそうな後輩に こう言葉をかける伊橋。
そこには、13年間で成長した伊橋がいて、中居正広がいた。✨

もう「味いち」は見られないかもしれないけれど。
ドラマという架空の世界の中で 確かに1人の青年の成長があって
「その後」も夢をもって表現してくれたおかげで・・未来は私たちの胸の中で描き続けることが出来る。

そこにはいつも、ドラマの中の仲間たちや
親方、おかみさんの温かいまなざしがあったよね。

 

時間には限りがあって。
人生には終わりがある。
得てきたものは放出され、その都度、若い世代の基礎になる。

バトンタッチで次につないでゆく。

中居君のバトンは今、どうなっていますか?

いま、中居君が描いている「未来」はどうなっているんだろうね。

 

冒頭で「感情が忙しい」と書いたのは、安室ちゃんとファンがHAPPY ENDを全力で描こうとしている姿や・・同時期にタキツバのファンの方の心の叫びを目にしたから。
特に、タキツバのファンの方の発言は・・

あれ?これって

2016年の自分?

SMAPファン?

と・・一瞬 見間違えるかのような内容。
デジャヴに囚われ、フラッシュバックするような感覚。

消えることはない、あの痛み。あの日々。
でも、私はあの日々を過ごし、いま未来の2018年に立っている。
同じ苦しみを分かってくれる人たちもいる。o(*⌒―⌒*)o💗

フラッシュバックしそうな皆さんへ
辛い思いは、抱え込まないこと。
言葉にしたり、分かってくれる人に聞いてもらいましょうね。☆。:.゚*.・

 

もうすぐ 9月22日がやってきます。

1年前。 SMAPファンが乗り越えた先に広がっていた 未来の地図。
そしてこれから、私たちで描く地図に・・・“約束の場所” がありますように。