一周年☆感動と噛みしめる幸せと・・ そこに居ない人を思うこと。

昨夜、発表されましたね~

2019年1月1日午後3時~AbemaTV「ななにー元日スペシャル!」放送決定!

コチラ ⇒ 新しい地図 TOPICS 10/08

1月1日の日中に稼働するのは、稲垣吾郎、草彅剛は1996年以来、実に23年ぶりのことになり、草彅剛は「1月1日からお仕事をするのは23年ぶりのことで、当日は何が起きるかまだわかりませんが僕たちもどうなるのか楽しみです」とコメントを寄せています。

引用元:新しい地図

 

なんか、“23年ぶり”とかいうのがちょっと笑ってしまった(^m^)
え?・・ていうことは・・ってみんな計算して、ちと考えたよね~?(笑)

よい新年を3人と一緒に迎えられたらいいなあ~。

昨日の「新しい別の窓」1周年は、いつに増してスペシャルで、たっぷり3人のパリの様子やトークを見せてくれました。なんだか「スマスマ」を彷彿されるような見せ方もところどころありつつ・・

うん。トーク部分はぜひじっくりまた見たいなあ。

彼らが、どれほどの不安な中でスタートしたのか。
彼らに手をさしのべてくれる信頼できる人々との再会、一歩一歩、必死で進んできた1年。

ふと、振り返るとゼロではなかった。

だけど、当時の彼らにとっては ゼロと思うほど追い込まれた心境であったことが、語られたね。

新しいスタートに踏み出した、踏み出せた、3人。決断。
彼らをサポートしようとどんどん、集まって来た人たち。
みんなの力だね。人の想いってスゴイなぁ。

みんなの希望、期待の星だよね。
3人はその代表選手みたいだ。

 

そして

今も「元の場所」踏ん張る人のことを 思った。

“残った者”に対しては・・色々と好き勝手言うヤツらもいるかもしれない。

だけど、あなたたちにも3人と同じように 心から応援している人たちがたくさんいるよ。

愛されているよ、と届けたい。☆。:.゚*.・

 

もし・・
3人のことだけを応援できるとか。
2人のことだけとか、1人のことだけ、を応援できたらどんなに楽だろうか(笑)

彼らそれぞれの幸せそうな笑顔を見ても、どこかで誰かを探してしまう。

今の状況が続く限り「どこかで」私の心は 引き裂かれたままなのだ。

 

彼らから、「ちゃんとお別れの意思表示をもらった」と感じているファンもいらっしゃるようだ。

ふむ。
それは、人それぞれなのでそれに対して異論はない。
彼らの過去の発言・・ラジオ、テレビ、インタビュー等々・・の中から「これがそうだ」。と言われれば、確かに言葉面(ことばづら)・・そう「づら」・・形状はそうかもしれないね。

 

でも、私は それを彼らが心から発している、と感じられたことがないから。

むしろ、そのメッセージから 痛みや苦しみのようなものが伝わってくる

 

だから、私も 5人じゃなくなった状況に ずっと心が痛むんだろうなあ。
1人を見ても、2人を見ても、3人を見ても・・ そこに見えない誰かのことを思ってしまう・・。

優しい彼らが、ファンのこうした苦しみに気づかないはずがない・・
それでも、彼らが「分かりやすいピリオド」打っていないことにこそ、彼らの真意があるんだと改めて思う。

新しい地図を「グループ名じゃない」みんなNAKAMAだ、と言う3人のやわらかな表情☆。:.゚*.・

とても嬉しく感慨深い。
そして、2人のこんな顔も見たい・・そう思うことに罪悪感を抱く必要はないんだよ、そう思ってる。

 

 

テレビ局へのご意見  テレビ局へのリクエスト、ご意見

このブログの原点は  「さくさく」