ギャップを認める。愛されるSMAPでいて欲しい☆*。

人のしあわせな顔” っていいよね。

昨日の「ななにー」はそんな笑顔があふれてて。✨
大切な人を思いやる、やさしさが詰まった時間でした。

番組としてそれを成功させようと四苦八苦、汗かいて💦がんばるスタッフと出演者たち。視聴者は 時にハラハラ、ドキドキ💦しつつ(笑)

まだまだ発展途上の「ななにー」であり「新しい地図」🌈 だけど。

ハート💗がね。
信頼できるというか。
なんだか、これ知ってる感というか(笑)

うん、

いいよね、

「ゆく先」がしっかり提示されてる感じ
しかもその未来が光に満ちてて、安心してついて行っていいんだ、って思える。

 

ああ

これって

長年、私が安心して楽しませてもらった「SMAP」⭐だよなあ。
SMAPの方程式、だよなあ。

 

なんというか。
「私はこういうものですよ」
「こういうことを目指します」
「こんなふうに取り組んでいます」

お仕事を一緒にする時、最終的に相手を判断するのは、経済力や政治力よりも【信頼】できるかどうか・・だもんな。(私はね)

 

冒頭で書いた「しあわせな顔」。

結局、私は大好きな人達のこの顔が見たい。
今、どこか「足りない」気がするから、応援をがんばるだけなんだけど。

いつもどこかで 寂しかったり、モヤっとしたりするのは ⋯

― ギャップ ―

なんだと自覚してる。

 

頭では、わかってる。
1人、1人のお仕事を応援することが大事。コツコツ、日々がその先の未来へとつながる。

だけど

心では・・忘れられない。
SMAPという他の何も代わりになれない、あのチームのことが。

頭と心のギャップ、
自分自身のバランス取りに・・処理が大変なんだよねぇ。

 

だってさ

やっぱり

SMAPは消しようのない宝物 💎✨で。

 

きっと、メンバーだって

誇りに思ってる、と思うから。

 

あの日。
ビストロにタモさんがいらっしゃって。
キラキラのお星様⭐を1人、1人にくださった。

 

あの時のメンバーのお星様を見つめる瞳。

大切そうに触れる指。

高く掲げた力強い腕。☆*。

 

当時、ゴシップで散々 汚されたけど。
今だって、ファン自らが行き場のない荒れた心をぶつけるように誰かを下げたり、悪者にしてるのを見かけるけど。

究極、
私は「SMAP」をたいせつにしたい。守りたい。

 

おこがましいかもしれないけど。
SMAPが生まれてから
ファンも一緒に「その先」の夢に向かって
未来を共有させてもらえた と思ってる。⋯WE ARE SMAP✨ って。

 

築いてきた、歩んできたあの日々を汚されたくない。

SMAPを大切にしたい。

 

きっと、ファン以外だって・・・日本全国にSMAPに元気もらったり、楽しませてもらってた人は沢山いて。
その多くの人の「夢」🌈でもあった、いや、今もあるんだから。

 

これからも

SMAPを大切に、してゆきたいな。

 

・・そして
昨日の3人にそのスピリットをひしひし、感じたよね。覚悟とか。

踏みにじられたものを
いちから、また育てようとしてる・・その勇気をね。⭐

 

私同様【ギャップ】に苦しむみなさん(笑)
もうね、観念して。
SMAPはそれぐらい最高で、他の何にも代えられない。
頭で理解しようとしても、心が求めてしまう。
今、叶わない夢と現実のギャップに苦しんでいる自分を認めてあげよう。

 

好きなものは好き。

求めていいんだよ。

そして、それはあなたの大切なあの人たち人への「押しつけ」にならない。
押しつけなければ、いいんだから(笑)💨

彼らだって、かつて輝かしく求められた自分たちを「忘れられる」よりは

愛されるほうがずっといい。☆*。

 

ギャップを認める。

苦しみの原因は「自分の中」にあること、誰のせいでもないことを認めたら・・少し楽になるかも・・よ?(保証はしません!(笑)
キレイごとじゃない、どうしてもSMAPというチームが好きなんだよね。
忘れなくて、いいんだよ。

物分かり悪くて
一喜一憂。( ´・ω・`)
その理由は誰のせいでもない 自分の中に宝物💎✨があるから。

忘れなくていい
諦めなくていい
むしろ、大切に守って欲しい。

ABOUTこの記事をかいた人

さくちゃです。 基本、パンクス。でもセラピスト。 中居班。 中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾&森且行を尊敬しています。