6/3「中居くん決めて!」振り返りレポ(後半)

こんにちは~
先日アップした6/3の「中居くん決めて!」レポの後半部分でぇす。

(ちなみに前半は ⇒ コチラ

***************************

「中居くん決めて!」(2019/6/3放送)☆後半

【お悩み】「共感される歌詞を書きたい 独身男性とピュアな恋愛をする? イケない恋のままでいい?」

■Arrow(アローさん (シンガーソングライター)

メジャーデビューして、武道館でライブをやることを目標にがんばっている。
そんな彼女の悩みは・・
“好きになってはダメな人”を好きになってしまうこと。

いわゆる不倫。

女性にガツガツしていなくて、器が大きく包容力があるように感じる、らしい。
実体験から出る歌詞は女性からの共感は得られにくく・・💧
プロとしてやってゆくなら、西野カナ、あいみょんのような多くの人に共感してもらえるような歌詞を書いた方が・・と思うが、妄想ではうまく歌詞がかけない。

“共感される歌詞を書くためにも 普通の男性と恋をした方がいい?”

 

 

「わかんないよぉ~」!!💦

VTR明け、中居君の第一声(笑)
アハハ(≧▽≦)んだよね。

スタジオの皆さんは・・

上地 「ピュアな恋愛って どういう恋愛だろう?」

「そこで思う気持ちはピュアじゃないですか。どこで切り取るかが大事だから・・思ってる気持ちを純粋に書けば、それはピュアなラブソングに」

うん、さすが上地くん。
自身も作品を作るアーティストだから的確。

hitomi 「なんかもうちょっと詩的✨に書くとか・・」

中居 「聴いてる方の妄想をかきたてるぐらいの方が」
hitomi 「うん、うん。」

たしかに。何も不倫の状況を正直に説明しなくてもいいわけで。
すると、ここでトレエン・斎藤さんからナイスな質問が・・

 

斎藤 「中居さんも歌詞とか書くんですか?」

中居 「あ、書いたことありますよ! 僕、全部適当です。」(゚ー゚)

えぇぇーーー(笑)
「相談する相手が間違ってます!」by カズレーザー

 

中居 「しょーがないよ!適当に書いてんだから。適当に書いて、適当に歌ったら適当に聞いてくれる、っていう。そのスタンスでここまで来たことを・・褒めてほしい。」✨✨

(≧▽≦)アハハ 💨

すると江藤アナ、ナイスアシスト。
「中居さん、歌詞ありますよ。「オレのケツから始まってる」」と差し出される(笑)

 

中居 「舞祭組のやつじゃないですか(笑)これはダメですよ~」

(読む)「オレのケツ オレのケツ オレのケツ オレのケツ オレのケツ! オレのケツ!!」💨

スタジオ爆笑 ヽ(。>▽<。)ノ

次に差し出された紙は・・

中居 「なんだこれ、「ブタのケツ!」
カズレーザー 「ケツ好きっすね~」

「ウマのケツ、オレのケツ・・なん・・もうちょっと「二つに割れちゃうだなんてまるでお尻みたいで」・・これもうちょっと言い方ないの?」by中居君

 

みんな爆笑。💨 💨
ゲストアドバイザーの岡副麻希さんが「聴いててすごい楽しくなる」と言ってくれた。
うん、うんホントそうなの🎵

中居 「適当に書いてもこうやって耳に残る人がいるって・・最高じゃないですか」

適当じゃないよ~
ファンや、中居君の歌をちゃんと聴いたことのある人は分かってるよ~☆*。

 

さて。
実際に Arrowさんの歌を聴いてみよう・・となり。
“決めて部屋”に来てもらって演奏をすることになったのですが・・

もう、“たかし”さんが映るなり、中居君がニッコニコ🎵で誰より楽しみが溢れてる(笑)

いざ!

Arrowさんがギターで歌い始めてたが・・

 

た、たかし・・(笑)(゚m゚*)プッ

おもいっきし、バックで踊ってるやないかーい
しかも、変なおじさんとか、ロボットダンスとか「笑わすため」全開。⭐

スタジオ爆笑、爆笑、爆笑~!ヽ(。>▽<。)ノ

肝心な、Arrowさんの歌が入ってこない。

 

- 演奏が終わり・・・

斎藤 「すいません・・ほんとに・・」💧
中居 「ほんっとだよ。(笑過ぎて涙目で)マジの方だよ、これ。」

「歌詞が全く入ってきてない。ず~っとたかし見てる。 期待しちゃってる途中から。たかしに期待しちゃって・・」

 

もう、決めて部屋との中継、たかしさんへの期待度アップですよねーー(≧m≦)ぷぷ・・

そして、Arrowさんへの皆さんのアドバイスは・・・
中居 「歌手で生活するにはたくさんCD買ってもらいたいから、もうちょっとみんながうなずけるような歌詞の方がいいんじゃないか、ってことですよね?」

カズレーザー 「ピュアな恋愛をするべきか?・・って、その歌詞を作るためにする恋愛がピュアだとしても、それには誰も共感しないと思うんですよ。目的があっての恋愛はピュアじゃないと思うんで」

上地 「共感を求めてる・・って言うけど、本人が思ってることと 聴いてる人が同じ風景を思い描かないから。自分の中のリアルを作ってくれるんで。そこまで気にしなくていい気がする。」

「聴いてる人が自分の物語とかにリンクして、画を想像するから」

うん、うん。✨
ナイスアドバイス~!!さて!

中居君のアンサーは!?

 

 

【決】
「んー・・ピュアな恋愛をする必要はないんではないでしょうか」

 

 

パチパチ~✨ (*´꒳`ノノ゙☆パチパチ
場内、納得。

中居 「カズが言ったの・・僕も思ってて。共感してもらうための歌詞を作るためにピュアな恋愛をする時点で、もうピュアじゃない。

「ま、変な話ですけど 僕とお付き合いをして凄くピュアな純粋な恋愛をしたとしても「私がいい歌詞を作るためにピュアな歌詞を作るためにあなたと付き合っている」と思ったら・・男性目線から言ったら・・そんな道具に使われてるのかと思うとちょっとショックだもん!」(T_T)

「男性の純粋な好きな思いも考えて欲しいな、と思います。」

「逆だったら・・もう・・俺は悲しいぃ~~」💦(泣き顔ひろちゃん)

 

「相手のことを好きになる、ってことは 環境はともかく純粋に好きになるってことはピュアな思いじゃないかな、と思いますけどね」

Arrow 「そうですね、たしかに。ちょっと凝り固まってました。」

 

― 後日 ―

Arrowさんの作る歌詞に変化が・・
「“幸せ”っていうことを書いたことがなかったんです。」

「めっちゃ好き、ってことが幸せ」と気が付いたようです。

おぉー⭐ アーティストとして、先輩方のアドバイスをもとに飛躍してください~。

中居君のお顔など、画像の方はツイッターにアップしていますので、よろしければ・・・

コチラ ⇒ https://twitter.com/sakuya0865/status/1137758750339551232

 

さて。
今夜も「中居くん決めて!」ありますよ~。
動画も公開されているんで、公式サイトにアクセス!アクセス! (っ`・ω・´)っ

コチラ ⇒ 中居くん決めて! 公式サイト

 


レビ局 ご意見&公式サイト  テレビ局へのリクエスト、ご意見

このブログの原点は ⇒ 「さくさく」