「僕のMistake!です」by 中居正広  SMAP5人がかっこよく見えるあの曲!

ほいっ! キタ~っ!💨

 

いしわたり 「以前(番組で)、中居さんが一番好きなSMAPの曲・・」

中居 「よく覚えてます。」

いしわたり 「『Mistake!』っておっしゃって下さって すっごい嬉しかったんですよ」(バックには「Mistake!」が流れる)

中居 「うん。」

いしわたり 「ずっと見てたら、「ダンスがいい」とか「メロディーがいい」とか・・歌詞には一切触れず」

「あぁ~・・それは 僕のMistake!です。」by 中居君

 

おぉ~ みんなパチパチ☆
いしわたりさんも爆笑。

そう。
「新・日本男児と中居」は先週に引き続き、ゲストにはいしわたり淳治さんがいらして。
いしわたりさんは、SMAPの「Mistake!」の作詞をしてくださった方。 

冒頭、いしわたりさんのお仕事紹介のあと、この会話になったの。

先週の登場回では「SMAP」との関わりのトークがなく、
ちょっと残念に思ってたから・・うれしかった

 

 

テンション上がったあとは今週の新・日本男児さんの登場。
BTSを愛する『BTSラー』さん
なんでも『ラー』くっつけるのね(笑)

ファンが20万人もいる、というKing of BTSラーの Kenjiさん。⭐

今までにも登場した「スダラー」「米津ラー」のように信念と哲学をもって崇拝してるのが特徴だよね~。

 

面白かったのは、ジャニーズとかEXILL は全然目指そうと思っていなかった、という理由。

Kenjiさん 「(ジャニーズは)絶対なかった」「(BTS)本人たちもお化粧されている。」

「僕もお化粧とか髪型をすれば、ある程度は本人たちに近づけるんじゃないかって親近感から目指していって、深くはまっていった。」

「 “キンプリ”とか、“中居さん”とか完成されてるじゃないですか。」

 

ほほぉ~・・✨分かるような分かんないような(笑)
つまり、お化粧と髪型だけでは近づくのが難しい・・ということ??
でも、なんかヅラが喜ぶワードをちゃんと選んでくれたあたり・・
なかなかお利口さんだわ

アシスタントとして頼りになる“後呂アナ”。
実は・・BTSファンらしい・・。
でも、なんかもごもご・・ハッキリ表現しない・・

中居 「なんで・・なんで隠さなきゃいけないの?」

後呂アナ 「あの・・」💧
中居 「言っちゃいけないの? 言っちゃいけなくないでしょ?」

後呂アナ 「・・・・ (小声で)わからない

中居 「日テレから 圧かかってるんですか?」
後呂アナ (即答)かかってないです! 全然かかってないですっ」💨

 

それまでモゴモゴ・・してたのに急に大きな声で「かかってないです!」と否定(笑)

あはははは(≧▽≦)サイコー
おもろーい。ぐっじょぶ。

 

私、BTSには詳しくないので。
Kenjiさんや、ゲストのいしわたりさんのトークから少し勉強。
スゴイもんね、世界相手だもん。

わたしゃ、世界に出なくてもいいので

SMAPさん💖

SMAPに会いたいな~✨

 

Kenji さんが「ファンミーティング」を開催して
ファンの人達と交流を持っている様子をVTRで見た中居君が・・・

「羨ましいです、でも本当に。」

 

って、サラっと言ったんだよね。

ファンの人達が、Kenjiさんを通して希望を持ったり、生きる力になっている
「王道」の活動に対して。

中居 「全然知らない人に「こうだよ」って人に言われても・・自分に憧れてる人とかリスペクトしてる人から言われた方が入ってきたりだとか。 絶対的に模範にする人はいた方がいい気がする。」

 

うん、うん。
そうだよね。
それぞれの、大切に思う人っていうのを持ってる。
それだけでもスゴイ巡り会い。

私は 中居正広って人に出会えて幸せだ~💗

SMAPを大切に思えるって幸せだ~
☆*゚

 

 

あ。
来週は「メモ魔男児」として、前田さんを徹底解説!だってぇ~ たのしみぃ🎵

コチラ ⇒ 新・日本男児と中居 次回予告ページ

 

さてさて。
本日は、わたくし「休日出勤」で会社の研修に・・クソ暑いなか行ってきまぁす・・・・
あの・・最近、ブログをお休みいただいたり、ちょっといろいろアレでしたが。
それとは直接関係ないのですが、世の中の変化とかもあって
ブログの「形」順応してゆこうと思ったりしてます。
今日は時間ないのでおいおい・・説明しますね。

まぁ なんつうか つまりは
ずうずうしく生き残ろうとしてますよ。

中居ヅラとして こんなとこで死ねないからねん

では行ってきまぁーす。🎵

 

🎼.•*¨*•.¸¸🎶🎼.•*¨*•.¸¸🎶

レビ局 ご意見公式サイト  テレビ局へのリクエスト、ご意見

このブログの原点は  「さくさく」