『ニュースな会』特別編☆ 中居・劇団・古市ロケ企画レポ(1)

『ニュースな会』の特別編が楽しかった!
なかなかの貴重映像、貴重な発言があったのでレポしま~す。
動画はツイッターやらネットにアップされるとは思いますが、私は「動画」はやらないので。

地味、ですが誰かから削除要請のない安定の “文字レポ” 記録として残しまっす。⭐

 

*************************

2019/09/21(土)放送
テレビ朝日「ニュースな会」特別編 ~ニュースな場所で中居&劇団ひとりが古市憲寿をおもてなし~✨

8/30の「ニュースな会」放送終了後、中居君発案の企画が始動。
中居君、劇団さん、古市さん、島本アナの4人でロケに出かけるSP企画。

中居 「ニュースな場所をですね、僕と劇団さんで古市さんに あまり経験がないということで連れて行きたいなと」

劇団 「ちょっとインドアですもんね?」

古市 「その通りですね。」

中居 「(古市さんは)忙しいですじゃないですか~ 時間に追われて 人に追われて・・」
古市 「人には別に追われてないです(笑)」

冒頭から(^m^)ふふ
“タイトルコール”を古市さんに振り、軽めに読み上げたところでNG出す中居君。
見本に妙に明るいテンション&手振り付きのタイトルコール(笑)
照れ照れ、ではずかしそ~にやってくれた古市さんデシタ。(*b’v・)b+。⭐

 

さて。最初にやって来たのは・・東京プリンスホテル。
すると、中居君がこんな発言を。

中居 「ここね・・お父さんと来たことがある。お寿司屋さんに来たの。それが最後の外食だったのよ。今、思い出した。」

このロケでは、バッティングセンターに行ったりもして。
お父さんのことを思い出したのか、後半も発言ありました~。
てか、プリンスホテルに来たのは・・

 

【1】この夏、インスタ映えで話題の「Can Camプロデュース」ナイトプール

昼間も営業している・・ということで
ほぼ、貸し切り状態で男3人でかわいいプールでわちゃわちゃ~🎵(笑)

カラフルなカラーボールが浮かんだプールに 大きな白鳥さん(笑)
中居 「古市、乗って!」

「いい、いい!」「かわいい!」と中居&劇団に誉められ(笑)
スワンフロートにまたがらせられる古市さん。
そぉ~れとフロートを押してあげる2人(^m^)この遊び方でいいのか?

そして。はい、3人でニッコリポーズで写真をカシャ。
古市さんは、白鳥さんに乗った自分の写真をインスタにアップしてましたね~。

 

中居 「古市、じゃあ泳いで」

古市 「泳げない」

劇団 「泳げないですか?ぜんぜん?」(古市「およげない」

中居 「クロールとか・・平泳ぎ・・」
古市 「クロールやったことないもん」💧

なんと、プールの授業に出たことがない、という古市さん。
泳いだ記憶がない、と言っているがスイミングに挑戦!!

中居君と劇団さんが、手はこう・・足はこう・・と口頭で伝えるのみでスタート!
よぉーい、ハイッ!で泳いでみたら・・ふつーに泳げる(笑)あれれ?Σ(゜Д゜)

劇団 「本当に初クロール? 口頭だけで泳げる人って滅多にいない。もし、初クロールだったら天才ですよ」

中居 「平泳ぎやって」
古市 「平泳ぎはできない」
中居 「できる! 今のだったらできる!」

と、また2人から口頭のみで・・手はこう、足はこう・・とレクチャー★
おいおい・・これで出来たら・・

と、思ったら またそれなりに泳いじゃった!
えええええ 実は「初」じゃないっしょ!?「水泳の申し子」って劇団さんに言われてる(笑)

中居君はプールサイドで古市さんを「ふるいち!ここまで!がんばれ!!」って手招きして待ってて
「おいで!おいで!もうちょっと!」ってお母さんみたいになってて。
着いたら、両手を差し伸べて引き上げて・・「よく出来た!」って迎い入れて頭ポンポンしてるんだよ~。

思わず、27時間テレビのプールを思い出しちゃったよね。

中居君は、劇団さんをけしかけて、島本アナをプールに落としたり。
相変わらず、やんちゃしてましたけど・・
次のロケ場所ではもっと元気になっちゃいました~

 


移動は劇団さんの運転する車で。

車中のラフな会話も必聴!

島本アナ 「私(プールに落とされること)聞いてなかったんで。私は3人が“おじさんたちがプールを楽しむ”から・・」

劇団 「古市さんってもうおじさんなんですか?いくつ?」
古市 「34なんで、もう」
劇団 「34はまだおじさんじゃないでしょ。おじさんなのかしら?」
古市 「劇団さん、いくつ?」(劇団「42です」「え?中居さんは一番年上ですか?」

中居 「俺、19。」(゚ー゚)

劇団 「おじさんのギャグになっちゃった」(全員、笑い)

中居 「俺、19。永遠の19だよ~(笑)」(゚ー゚)🎵

「俺もさ、「中居さん、今日若いですね」って言われるけども 言ってる人はおばちゃんだからね。おばちゃんから見れば、中居君って若いね・・って言うかもしれないけど。でも AKBの子から見れば「おじさんでしかない」って言ってた。」

 

劇団さんから中居君について・・

劇団 「結構付き合いはあるはずなんだけど、隠すところは必死に隠してる・・絶対見せないようにする」
中居 「はははっ(笑)」

劇団 「だから家とかも、どこにあって どれぐらいの広さで・・みたいのは言わない。」

古市 「どこにあるかも?」(劇団「ぼや~っとしか教えてくれない」「そんなことあります?」

中居 「2LDK。」

古市 「もうちょっとあるじゃないですか?」

中居 「(2LDK)ちっちゃめの。」(゚ー゚)

劇団 「そう、こういう感じなの。ベールに包んでる感じ~」
中居 「包んでないワ」💨

「でも分かんない。 “後ろにあるチャック”・・みんなあるじゃないチャックが。ウルトラマンじゃないけどもタレントんって。そのチャックを全開にするのは面白くなくなっちゃうのかな・・みたいの無いのかな? 秘密にしてる、ってかんじじゃないんだけどね。」

古市 「でもそのチャックを開けられる人は何人ぐらい居るんですか?」

中居 「古市以外は・・」
古市 「そしたらガバガバじゃないですか(笑)」

さらに・・
中居君の「結婚観」について。

中居 「僕はもう全然、向いてないわけですから。」

古市 「でも結婚しても違う家とかならいいんじゃないですか?」

中居 「同じマンションは・・無理。」(古市「え?マンションも無理?」「ダメですね~」

古市 「絶対結婚ムリじゃないですか。」 中居君、楽しそ~に笑ってる。「別にご飯作って欲しいとかもない?」

中居 「んー・・でも、ご飯もねぇ 自分のお惣菜とかが好きだからなぁ」

古市 「自分が作ったご飯とかを食べさせてあげたい、とかないんですか?」
中居 「あー、全然ない。思いやりに欠けてるから。喜んで欲しいとか全然ない。」

劇団 「いやでも、僕らとか 前、バーベキュー大会とか呼んでくれた。朝から色んな準備して下さって。それはカメラ回ってなかったですからね。」

古市 「こうは言うけど・・」
劇団 「そう!結構あるんですよ プライベートでもサービス精神が。」

 

ありがとう~、劇団さん(^▽^)
そう、そうなのよ。中居君はサービス精神でトークもしてるからね~☆

 

劇団 「ベッキーの誕生日。ベッキーの誕生日会に・・」(中居「あぁ~」「中居さんが「サプライズで行ってあげようよ」って僕も呼ばれて・・爆笑問題の田中さん、鶴瓶師匠、ヒロミさん。」

中居 「なかなかのメンバーだったね」
劇団 「なかなかのメンバーを本当にサプライズで・・」

中居 「違うんだよ、ほら・・弱ってるじゃん・・ベッキーが」
劇団 「そう、その時期ですよ。だから」

「ベッキーもほんと、涙流して喜んでた。あれは優しいでしょお。✨」by 劇団ひとり

 

【2】最新鋭 レジャースポーツ施設 (千葉県 イオンモール幕張新都心)

次のロケ地は、大型ショッピングモール。
中居君は「こういうショッピングモールいいなぁ (1日)居れる」ってワクワク🎵してる。

~レジェンドスポーツヒーローズ~
野球やサッカー等々。。バーチャルな最先端技術を使って楽しめる体験型スポーツテーマワーク☆

紹介された「レジェンドベースボールバッティング」という野球⚾のブースを見た中居君は・・
「何これ~」⤴︎  とテンションアーップ!(分かりやすい(笑)

バーチャルな画面のピッチャーを相手にバッティングが出来る最新鋭バッティングマシーン。

「お~れが お~れが たーのしっ・・歌いながら、入室(笑)

「お~れが一番、た~の~しぃ・・上機嫌🎵でバットを構える。
しかし、ゴロですぐ送球されアウト。ちーん・・⤵︎ ⤵︎
意気消沈・・な中居君は・・まだやり足りない様子で。

中居 「じゃあ先、行ってて。俺、2イング目の・・」
劇団 「いやいや。別行動とかないですからね」

なんだかんだ、と中居君の心残りを察した劇団さんが「じゃあ、いるよ。」って許してくれた(笑)

「本当!?」💗と嬉しそうな中居君。
小走りで、バッティングマシーンに戻る。
1球、見送り(笑)みごとヒット!
しかし・・まだ終わらない。まだまだやりたい。いい当たりにご満悦~✨

みんなを待たせていた中居君。
戻るなり「いやいやいや・・こんなに“応援されない野球”やったの初めてだよ」

劇団 「古市さんをもてなす会なんですよ。そっちのけ、でやってましたよね? めちゃめちゃ楽しんで1人で。」

すると、手をあわせて「もう一回やらせてください!!」✨とお願いする中居君。

野球が好き過ぎで趣旨を忘れる、と画面に出てる(笑)
「まだやんの!?」💧と劇団さんもあきれてる。

中居 「ずっとやらせてください!」(>人<;)
劇団 「ダメ。おしまい。」

アハハ(≧▽≦)ロケじゃなかったら、ず~っとやってそう。
野球少年・中居。マジで楽しそう💗でした。


施設にはいろんなゲームがあって。

古市さんは、なぜか1人だけトランポリンを飛び続けるゲームをやらされてた(笑)
2人1組で協力するダイナマイトポーズというゲームなども挑戦。
中居&古市ペアはあまり息が合ってなかった(^m^)ぷぷ・・

でも、体を動かして一緒にゲームして「距離は縮まったはず」とナレーション。

フフフ。
最期はお酒を飲みながら・・親睦を深める~ってなことで。
今度は中居君の運転で移動。

 

2回目のドライブトーク。☆☆☆

 

窓の外を見て・・

中居 「あ、ZOZOマリン(スタジアム)?」
劇団 「あ、そうです。そうです。・・中居さん、もし球団持てるって言われたら持ちたいですか?」

中居 「持ちたいねぇ」✨
劇団 「オーナーなりたい?」

中居 「オーナーっていうより・・」
古市 「監督?」
中居 「監督やってみたいねぇ~・・」

劇団 「萩本さんがやってるようなのとか、話来たらやってみたいですか?」

中居 「・・ん~・・でもぉ・・プロがいいなあ・・」💗

古市 「だって今、無駄にデータ入ってるだけですよね?」

中居 「ん?全然無駄じゃない 超話せるじゃん。」
古市 「フフフ(笑)」

中居 「古市にとってはなんだろ? 俺が野球に詳しいことは古市にとってなんだろ?」

古市 「僕、結構 浜崎あゆみのシングルの発売日言えるんですけど。そういうことですか?なんか」

中居 「へぇ~・・あゆ好きなんだ?」
古市 「結構リアルタイムで聴いてたんで」

劇団 「「M」は?」
古市 「Mは2000年12月13日じゃないですか?」(劇団「ははは(笑)スゲェ」

「「じゃないですか」ってのは正確に分かんない」と中居君に言われ、苦笑する古市さん。

 

 

そして。
こんな話も・・・

劇団 「中居さんの家にある 中居さんの一番のお宝は?」

中居 「(ビート)たけしさんと、さんまさんと、べーさんと、タモさんと一緒に写ってる写真。5ショットで。」

「比べらんないけど、あと・・長嶋さん、王さん、由伸、俺とか。」「あと、イチローと松井(秀喜)と俺のスリーショット。」「あとだから・・松本(人志)さんと甲本ヒロトってブルーハーツの・・」

劇団 「おっ それプライベートで会ったんですか?」

中居 「松本さんのね、結婚祝いに何がいいのかな?~って・・で、人をツテ辿って・・そしたら「来てくれる」って。」

 

大物の名前がいっぱい出てきたけれど・・
この人の名前も・・。

中居 「でもまあ、そうだな。昔、10代に行ったマイケルのライブはやっぱりもう・・ちょっと衝撃だよね」

古市 「何が凄いんですか?マイケルって」

中居 「んー やっぱり、踊りがすっげぇ上手いのよ。」「あの人ね、手が大きいのよ。それがどう見ても俺なんかがいくら頑張ってドーンってやっても・・すげぇデカイのよ。」

「あれは見栄え・・っていうのと可動域・・手の大きさじゃないのかな。だから(自分も)手を広げて・・なんか踊るように・・おっきく見せたくてみたいのあったかもしんない」

 

今までも聴いたことのある話と
ちょっと角度の違う話がミックスされて。
やっぱり、ラジオとかインタビューで話してくれるのと「会話」から引き出されるものは違うよね。
劇団さんも、古市さんもいろいろと引き出してくれてありがとう~。

最後は、“ホロ良いぶっちゃけトーク”でーす。
残りの文字レポは(2)として、のちほどアップしますね~(2)へつづく