2019/10/12「ON&ONAIR」原監督、坂本、由伸、慎之助について語る/ビールかけ/中居君の1000文字を超える想い

<トンカツどうやって食べてますかスペシャル~>

 

 

中居 「なんかないんスか?タイトル。 なんかタイトルもぅちょっとさぁ・・もっとないんスか? なんかあの~・・こうなんかちょっと・・(笑)もうちょっといいやつ。」(スタッフ 笑)

「なんかもうさあ なんか子供の・・子供向けラジオじゃないんだからさぁ~ 俺、いくつだと思ってんだよ💧」(スタッフ 笑)

「えー・・あっ、トンカツ大好き中居ですが。『とあるトンカツ店の店主さんが語ったオススメの食べ方。』フフフ(笑)『まず、ひと口 お味噌汁を飲んで口の中をリフレッシュ。』なに?水じゃいけないのかね? 『トンカツの最初は端から2つめか、3つめを何もつけずに』・・俺、端からなんだよなぁぁ~・・」(スタッフ 笑)

「なんか、真ん中から行くと・・やっぱ真ん中の方って美味しいでしょ? なんか厚みがあって。そうすると端を 万が一、お腹いっぱいになった時に残してしまうんじゃないか・・絶対食べるんだけど 残してしまうん・・じゃないかなぁ と思って。でも、お腹・・真ん中を残しておけば、お腹いっぱいでも “ここ美味しいやつだから”って絶対食べる気がする。」(゚ー゚)💗

「 『序盤はさっぱりと塩で食べていただきたい』 無いっ! 塩で食べたことがない。天ぷらも。 たまに天ぷら屋さんとかに行くと ね? なんか塩・・「あのもしよければ お塩で」みたいなのあるけど。俺もう、天つゆ!」(スタッフ 笑)

「『間にキャベツを食べて口の中の油をちょいちょいリセット』 これも無いんですよね、僕ねぇ最初にキャベツを全部食べちゃうんですよ。 本来なら、キャベツ要らないんですよ。 トンカツだけでいいの! トンカツとソースと辛子だけでいいの。『中居君はトンカツ定食を食べる時、食べ方のこだわりなどはありますか?』 でも辛子がない、って言うね。なんで辛子が無いんですか? あの~ ステーキ定食を食べたかった話していいですか?(笑)」

スタッフ 「はい、どうぞ(笑)」

中居 「クック(笑)・・もうね・・「今日はサーロインステーキを食べよう!」って。お昼。・・その日はね、休日の日で、家のことパパっと終わって「よしっ!」野球までの時間・・あっ、これ野球⚾の話しようと思ったけど、この話したら・・ジャイアンツの阿部の話できなくなっちゃうな。 これ結構、長い話なんだけど。 ステーキが食べたい話。(笑)ハハハ」(スタッフ 笑)

「そしたらぁ あ、じゃあ「ステーキが食べたい話」・・別にホットな話じゃないから、来週するか」(゚ー゚)

 

~CMへ~

 

 

~CM明け~

中居 「さあ!・・ハガキですか?」(パラッ・・)「来てますね。」

 

ハガキ(1) 「ジャイアンツ 阿部慎之助選手を思う存分、語ってください。」

ハガキ(2) 「阿部選手の引退、中居君はいつ知りましたか?」

ハガキ(3) 「ジャイアンツが優勝した日、中居君はどこで見てたんですか?」

ハガキ(4) 「ジャイアンツ、リーグ優勝おめでとうございます。ビールかけ楽しそうでしたね。」

 

 

 

中居 「まず、ジャイアンツ⚾の優勝ですね。 ジャイアンツの優勝は今日するのか、明日するのか・・で、ビールかけの話があったので・・球団も ジャイアンツさんも あの「いいですよ~」って。 あの「たまッチ」。山崎と一緒に 「たまッチ」の取材もかねて。んで~、まぁね、あの 元木さんが「たまッチ」の前・・レギュラー番組で「たまッチ」のレギュラーだったんですよ。そしたらなんか・・元木さんって昔、野球やってたんですよね。(笑)」(スタッフ 笑)

「(笑)そしたら、元木さんの やっぱ凄いのよ。「全然いい。全然、入っちゃいな 入っちゃいな」で。元木さん。ちょっと良くしてくれて✨ あのもう ほとんどの方にインタビュー出来たんですけども。」

「ビールかけはだいたい、ナイターで終わってから 1時間から1時間半後から・・って。あ、そう1時間か1時間半後に始まるんだ・・って、その土曜日の日 僕は観てて・・ほんで、8回の裏の時点で1点差で負けてて で、もうさ・・おうちに居ますから、お酒を飲もうか飲まないかを迷っちゃって。で、同点~つって 逆転~みたいに・・で、もう・・ま、実は7回から飲み始めて・・」(スタッフ 笑)

「「これ無いなー」と思って。「あっ こりゃ無いワー」💧・・で、9回の表・・なんか、梶谷・・えー、選手・・ライトの梶谷選手のファインプレーがあったんですよ。実況も解説も『いや~、そりゃ目の前の胴上げは見たくないですからねー。気合が違いますよ』って。 山崎、という あのー 投手。ま、日本で一番、いいピッチャーはストッパーにいる横浜の山崎投手が投げて 1点差を守る。すごくいいピッチャーだから、まぁ 1点ムリだろな~・・って・・でも、『梶谷取った!ファインプレー!!』って言ったぐらいから、もう・・グビグビいくようになって・・」

スタッフ 「(笑)本格的に?」

中居 「本格に。」

「ちょびちょびから、もう完璧なグビグビに。で、『ツーアウト―』になって・・あー、もうグビグビだ~⤵︎ ︎・・つったら、『フォアボウルです』つって、2アウトからランナーが出ました。で、次のバッター『あー、フォアボウル!1、2塁です』って。 え!?これ・・同点はならないだろー・・・と思ってて。『打ったぁー!同点ー!!』⤴︎ ⤴︎ つったら 同点になっちゃったよー・・」⭐

「・・でも同点で終わって、9回の裏 これサヨナラかな? ちょっと 優勝見たいし、勝って欲しいんだけども、飲み始めちゃったから、ちょっと横浜がんばってもらえねーかな・・って少し(笑)フフ・・このままだったら・・俺、お酒飲んじゃってるからかなー やばいな・・「いや、でもジャイアンツ勝って欲しいな!」っていうのと「ちょっとお酒飲んじゃったから」これから・・東京ドームに戻ってくるって言うからね横浜から。横浜球場から。だから、1時間から1時間半ぐらいかかる・・」

「あ・・でも東京ドーム・・そうだな。1時間半ぐらいあるから、それなら酔いあれするかなー・・ああ~でもジャイアンツ頑張って欲しいな! でも、このお酒飲んでるから今日じゃない方がいいな・・って反面・・「ビールかけか」「あ、もう酒・・酒浴びるんだったら、別に大丈夫かぁ」✨(スタッフ 笑)

「じゃあジャイアンツがんばれ!みたいな🎵 なんか複雑な思いで結局、勝って。 勝ったのがホント、夜9時ちょっと前ぐらい。もうソッコー、ナガタマさん・・あ、改名したんだっけね。・・あっ! まだ国民投票してないか。」

国民投票中。 今んとこね、12通ぐらい来てるらしいですよ。 ・・うん。“ナガタマ”さんか“ナガカワ”さんか、でいまね12通ぐらい来てて。 5:7っぽいです。 で、どっちが勝ってるかは言いませんけど。」

 

「じゃもう、改名しないで「ナガタマ」さんで・・ナガタマさんから速攻、電話かかってきて。『これから東京ドーム、向かいますんで』って。『あのスタンバイお願いします』 スタンバイもなにも、すぐもうビショビショになっちゃうから。「おー、わかったぁ」🎵なんつって。 で、勝ちましたー✨・・ってすぐ行って。んで・・説明して インタビューお願いします・・で、着いたら、もう僕は・・9時結局、9時半過ぎぐらいに出たのかな? 出て。東京ドームのホテルのところに控室があって、それでなんか着替えて・・みたいのしてて。」

「そしたら、そのエレベーターで あの・・後藤コーチと水野コーチ・・水野さんが居て。「あぁ~っ おめでとうございます~!!」⤴︎ ⤴︎ つって。「あぁ~あれ!?早くないスかぁ?」つって。横浜が終わって優勝!って来るまでが。「あ、すぐだよ」なんつってて、「いやホントおめでとう・・」・・「ホントにしんどかったよ・・」💧って。エレベーター待ちながら。」

「中居君、代わってくんない?」って。「ほんと・・ほんとにしんどいから・・」。いや・・選手もそうだし、全員しんどかっただろうけど。で、水野さんも「いや~もう、ヤバイよ。こんな疲れたことないぐらいの・・ホント疲れた」・・「ほんとに!?」( °_° )つったら、あのーその日投げてた・・えー、大竹投手と高木投手が隣りに来て。「おぉーー!今日・・おめでとう!!」✨って、エレベーターで。」

「「大竹、さっきシュートよく・・右バッター インコースいったね💗」なんて話してて」(スタッフ 笑)

 

 

「・・早ッ もう 40分後ぐらいにもう着いた感じ。 んで、その後 着替えて。んで、ジャイアンツの選手が「入ってきまーす」・・つって、そのビールかけ会場の前の通路みたいな所で、そこで原監督・・目の前をこうやって通過してくんだけども、全員の選手とハイタッチできた!」(スタッフ 笑)

「ビールかけの前だよ おぉ~ おめでとうございます!おめでとうございます!⤴︎ ⤴︎⤴︎・・って。最っ高だよ。ビールかけも最高だけど、あのハイタッチ⭐ 最高だったね! みんなと ぇえ~ぇえ~い え~いぇえ~い!つって・・あっちも、ワァ~⤴︎ ・・みたいになってて。」

「・・で、その後もビールかけはもう・・みんなねぇ 楽しそうだったぁ~」💗

「やっぱり、3年ぶり4年ぶり・・っていうこともあったしぃ みんなやっぱ・・やっぱり、わかりやすいですよね。喜びが大きいってことは、それだけ辛さも大きかったわけです。ねっ? 苦労が大きければ大きいほど 喜びも大きくなりますし。 ねっ?そこまでの いきさつ過程が中途半端ですと、喜びも中途半端になるだろうし。」

「それぐらい、どこの球団もどこの選手も 一生懸命どのチームもやってるんでしょうけど やっぱり、今年のジャイアンツは「もう優勝しなければならない」っていう、うーん・・チームだったりしたのかなぁ~・・・」

 

 

「で、最初 原さんからのコメント。で、うん・・坂本選手からの「浴びるほど飲むぞぉ かんぱーい!」つって、シューッ!となってね。ホント、ものの5秒ぐらいで、一番最初に原さんが来てくれて。」

「・・・あれ 早いよ えっ!?俺? もう もう俺!?って。」💦

「最初なんか・・やっぱ日テレ行くのかな?とか(笑)」(スタッフ 笑)「一番最初に来てくれて。抱き合って・・」✨

 

「やぁ どう? もぉ中居君、満足した?」

「みたいな。「喜んだ!?」って。」

「や、んだよ!もうほんとにぃ・・って。ほんとねぇ・・ほんと、体全部で抱き合ったね。」✨

「で、やっぱり原さんも つら・・ね? やっぱり優勝が決まった瞬間の涙も・・ほんとに辛かっただろうし。(スンッ)

 

「で、その中もほとんどのもうね、ほとんどの選手の話聞けたんですよ。ビールかけ。で・・その時はぁ・・阿部慎之助が次の次の日に引退発表すると思わなかったですから、「阿部ちゃ~ん!」💗つって。 「どうですか?慎之助選手!」みたいな。」🎤

「で、最後ね・・だいたいビールかけって・・だいたい10分から15分。長くて20分はかからないぐらいなんですけど。30分近くやってたの。そしたら、もうずーっと僕 最後までいたんですけども選手が引きあげるまで。 で、最後の最後・・もう選手が・・ねっ 引き上げた時に坂本選手・・キャプテンだからかな。坂本選手がイェ~イ⤴︎  ずっとやってて。で、僕もあまり携わることのない裏方さんを全部みんな集めて、かけあって。選手は坂本選手だけ。あと裏方さんたちとビッチョビチョになってる中、「写真撮ろう~!!」🎵つって。」

「裏方さんと写真撮ってた」

さっすがだなぁ~・・若いのに坂本選手は こんな配慮できるですかぁ~✨ って。・・うん。それが一番最後、坂本選手の話聞いて。まだ坂本選手残ってて。もう1回坂本、聞け~・・って、また話聞いて。イェ~イって・・それを坂本選手は裏方さんとワァ~ってやってる中、それは見てるだけだったんだけども。最後、裏方さん「全員で写真撮ろう~」つって。坂本選手1人で、あと全部裏方さんで「チーズ!」撮って、撮って、撮って~・・って。」

・・相当、坂本選手は辛かったんだろうね。坂本選手はキャプテンになって、3年4年ですから。キャプテンになってから、1回も優勝することなく・・えー・・ここまで来てしまったんで。もうそれがやっぱり爆発したんだろうね。・・うん。」(゚ー゚)

 

「いやぁ いいもん・・ 次の日も僕 ず~っとビール臭かったですからね。 ほんと、すっごい臭いのよ。飲んでもいないのにスゴイ酔うし。うん。」🍺

「えー、3年ぶり4年ぶりの優勝っていうことですけども。でもですね! その前の優勝が原監督だったんですよ。で、その原監督の次に由伸監督が3年やって・・で、原さんが復帰して今回優勝。 と、いうことは この由伸監督が3年間育てた選手が、今年開花した!ってことを忘れないでくださいっっ!!」💨

「・・・・ねっ? これは忘れてもらっては困ります。戦力的には丸選手が入って、炭谷選手が入って・・え~・・外国人ピッチャーが1人、2人入ってたり・・でも・・とは・・まっ、戦力的にはもの凄い補強をしたわけではないんですけど、丸選手の補強はもちろん大きかったですけど。 やっぱり、由伸監督が3年の間に・・うーん築き上げたものもありますから。 それが今回、ようやく花が開き・・っていうね、これ忘れちゃ もう由伸監督はどういう思いで・・ご覧になってたか分かんないですけども。」

「これは由伸・・やっぱりもう、ねっ!? “繋いで”ってるわけですから。由伸監督が3年間、やってきたものをずっと繋いで・・だから今年、由伸監督がやってたらもしかして 由伸監督・優勝かもしれないですし。それはもう分かんないです。「タラレバ」じゃないですけども。」

それだけは、忘れていただきたくないなー と思いました。はいっ。」💨

 

 

 

「・・っていう、ねっ? ペナントレース優勝が決まった、次の次の日に僕は・・新聞の一面で『阿部慎之助 引退』って。 んっ!? あらおかしい・・いや、違うなこれ、って。 ほんで、その日・・次の日ぐらいにまだ選手、阿部選手からもジャイアンツからも公式なコメントが出てないから、火曜日も。 これ、あれ?おかしいなー・・と思って・・。で、火曜日、プレミアの・・プレミア12のなんか取材があって、ほんでぇ~・・あのスポーツ紙の人と スポーツ、スポーツ担当の人と「慎之助の情報、どうなの?」って。「正式に出てないけど」って言ったら、「うーん・・たぶん引退じゃないかなー」って言うから、「ホントに!?」って。

「だって、まだ来年も・・みたいなコメントもチラッと出てるし・・。だって、俺 インタビューした時、そんな感じが1ミリも感じなかったからぁ・・」

「で、最終戦でホームランも打ってるしね。・・おっかしいなぁ~ホントかなあ・・って思って。次の日の新聞が、関係者、チームメイト、評論家の人達が・・あの慎之助に対するコメントとかを出してて。そん時に「これホントだぁ」と思って。・・もうねぇ なんだろ・・ ほんっとになんかね、あの~「ニュースな会」でも話しましたけども、ジャイアンツが優勝した、バンザーイ!バンザーイ!で、ずぅ~っとバンザーイでジャンプしてて、「ばんざーい、ばんざーい」⤴︎ つったら、ポコッとなんか・・落とし穴にポコッと落とされた感じね。

 

えっ!? ウソでしょう? と思って」

「悲しかったなぁ~ ・・・うん。 んで、ある媒体から、あのぉ~「優勝コメントもお願いします」って言われて、優勝コメントも出して。で、「慎之助選手に対するコメントお願いします」つって。それが文字制限があったのね。 なんか「200文字でお願いできますか?」つって・・俺、200文字では、わからないから・・今、何文字かな?とか。まとめられないから。「じゃあもうホント急ぎで、今日の夕方までお願いします」みたいな。その日のその日、だったから。」

「で、ナガタマさんと会って。200文字は無理だから、つって。結局、あれ全部で1000・・千何百文字になったか分かんないけど。わぁ~って もう自分の想いと 自分の感じてること全部言って。じゃあそこから抜粋して、じゃあ後はお任せしますー、って。 そしたら、違うスポーツ紙が全部・・「あのそれだったら、全部載せてもいいですか?」って。」

「「あー、全然、全然全然いい」って。」

「まぁ そんな阿部選手の想いを・・で、あの日は金曜日かな。 阿部選手がキャッチャーを・・うん。やる、つって。 ほんで、もう6時になったら、うん・・テレビの前で ・・も~よかったなぁ~・・ あれ観れてよかったな~・・✨ 最初、生で観ることも出来なくはないかな、と思ってたけども。ま、テレビの前で6時から あのじっくり観ようと思いながら。 やー、マシソンのファウルチップ・・マシソンのファウルチップの話していいですか?・・フフフ(笑)」

 

 

「マシソンが先発ピッチャーだったんですよ。で、マシソン・・の、150㎞ぐらいピッチャーがボーン投げて、バッターがファウルチップをすると、んー・・キャッチャーは構えてるミットよりも ちょっと上の方にボールが来て それが顔直撃するのよ。 それで、阿部慎之助選手は首をやって・・キャッチャーが出来なくなったんですよ。 ま、度重なる膝のケガとか、えー 肩のケガとかあったんだけども、それで首をやって・・それ、5年ぐらい前かな。4年ぐらい前かな。それから、あの~ キャッチャーを退いて・・それからちょこっと復活しても、もう出来なくて。ファーストに周ったりしてたのかな。」

「で、今回のキャッチャーをやる!っていった時の 4年ぶりの先発指名を阿部慎之助選手は、マシソン投手を選んだの。 それで!また、ファウルチップ顔面に受けんのよ!」

「で、俺も ファウルチップがバーンってなった時に 慎之助がウッ・・って肩を上に 首をこうなんか・・なんかクぅ~となんか窮屈になるぐらい肩クッと上げて「痛ッ!」ってなったのよ。やばい、これ やばいよ・・クライマックスまだあんだからーー・・と思ったら、その時の慎之助がニコーッ と笑った時・・あぁ~・・・よかったぁ・・と思って💗 」

 

「で、その後 沢村選手が出て来て。ねっ? 頭ポカーンをなんか再現するみたいのやってたかなー。あんなのもう・・なんかもう・・ん、そりゃもう 原監督もそりゃ配慮してるでしょうし。うーん・・阿部選手の語ったやつ、新聞見てください。」(゚ー゚)

「・・ちょっと撤回・・撤回はしないのかなあ・・ かっ・・しないかな~・・撤回して欲しいなー だって、居なきゃいけない選手だもん。戦力として。」

「 あっ・・あとねー いろんな選手、引退してるんですけど。 意外とメッセンジャーが寂しかったな。・・メッセンジャーもまだ出来るんだよなぁ・・メッセンジャー・・うん、ショックだな。」

「ちょっと今年を・・あの~だって今年の開幕投手だからね。ちょっと調子が悪くて二軍に居て、二軍をちょっと上がらなかったから・・まぁもう こんな9年やってるのかな? こんだけやってれば、悪い年もあるだろうな・・と思ったら、引退決めちゃったから。まだ 146投げてるからね。 ま、今度また引退する選手の特集でもやりましょう・・じゃあ セプテンバー!」💨

 

 

 

 

曲:September(Earth, Wind & Fire/1978)

 

 

 

 

~エンディング~

中居 「さてお別れですが、この番組では東日本大震災からの復興を目指して、皆さまからの応援をお願いしております。東日本大震災復興支援財団で、支援金をお受けしていますのでぜひともご協力をお願いいたします。」

「平成28年熊本地震、また台風、豪雨など自然災害にて被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。こちらは義援金をお願いしております。ニッポン放送のホームページに「ON&ONAIR 復興支援のお願い」という記事がありますので、そちらをご覧のうえ、ご協力のほどよろしくお願い致します。」

コチラ ⇒ 「「中居正広 ON&ONAIR」から復興支援のお願い」ニッポン放送

「それじゃまた来週!」⭐

 

 

おまけハガキ 「(板東さんのマネで)ゆで卵ぉ~ は半熟のとろとろか、硬めのカチカチか。どちらが好きですか?」

 

中居 (板東さんのマネで)“ゆで卵ぉ~”  “ゆで卵ぉ~” は、硬めのカチカチ。“ゆで卵”! また来週。」

 

***************************

たっぷり、話してくれました~・・。
中居君の声でラジオで聴くにはかないませんが・・文字レポも後日、役に立つ日も来ると思いますので。
よろしければ、アーカイブとして参考にしていただけたら嬉しいです。

あ。
中居君が見て欲しい・・と言っていた「阿部選手」のコメントじゃなくてすいません(笑)
やはり、ここは中居正広さんの愛あるコメントと。
そして、スポーツ担当の記者さんの愛あるコラムのリンクを貼っておきますね~。(^m^)

中居君メッセージ「全文」 ⇒ 中居正広「東京ドームの観客席から『慎之助~♪』と何度、声を枯らし叫んだことか」巨人・阿部へのメッセージ全文

スポーツ報知(記者さんコラム) ⇒ 中居正広の1066文字に込められた野球愛

♪。.:*・゜♪。.:*・゜

スポーツ選手は、いつか「引退」するとわかっていても
応援している身としてはこれだけショックなのです。中居君はよく分かってる。

「STAY」たったの50年一緒に~・・って「一緒に年を取っていきましょう」と言われていた・・SMAPファン。
それなのに・・SMAPファンの気持ちを中居君、そしてメンバーはわかってくれている・・きっと。

しかも、花道もなく 自分たちの言葉で説明することもなく
ツライ想いを抱えたまま、応援している私たちファンのこと・・この人たちが見捨てるわけない。
心からそう思う。🌈

 

番組へのメッセージ ⇒ おハガキで 〒100-8439 ニッポン放送「中居正広 ON & ON AIR」係