SMAPは25周年YEARを楽しみにしてた。誰もSMAPをやめたいなんて思っていなかった。

朝から 情報番組で飛び交ってた言葉

誹謗中傷” ・・ “集団リンチ”・・etc・・

 

ん?
集団リンチ? あれっ・・

じゃあ あれはなんだったの?

 

2016年 1月18日 スマスマで5人はなぜ並ばされて 何に謝罪したの?

きくちゃんが震えていたのはなぜ?

翌朝の情報番組は各局、同じ映像をどうして流せたの?
なぜ、フジテレビは用意周到に映像を配れたの。

 

なぜ「彼らが悪い」という論調に 各局、キレイに統一されてたのかなぁ。
まるで、一般視聴者に刷り込むように 揃っていたなあ。

なにも知らない一般層は マスコミを信じた。

印象操作だ! いくらスマファンが叫んだって笑われ、哀れみの目で見られた。

 

彼らもいい大人。
自由にしてあげなよ。

 

そう言われた。でも私は忘れない。

2016年は SMAP25周年YEARだった。☆*゚

メンバーは、25周年に行われるライブツアーを楽しみにしていた。

ファンも心待ちにしていた。🌈

SMAPメンバーは、心からライブを楽しみにしていたと思う。
ファンと同じように 25周年を一緒に祝うことを望んでいた。
私は、その彼らの言動を・・表情がウソだったとは思わない。演技だったとは思わない。

自信をもって信じてる。

SMAPメンバーはあの時、SMAPを続けたかったのだ、と。

誰も SMAPをやめたいなんて思っていなかった、と。

 

2016年12月31日 最終的に・・解散、を受け入れるしか方法がなくなったのだと思っている。
自分たちの「続けたい」という純粋な気持ちだけではどうにもならなかったのだと。

日本全国が目撃した、あの “謝罪会見”とやらは、集団リンチとも言える。
無抵抗なまま、彼らはその後 長い間・・サンドバック状態だった。

好奇の目にさらされ・・

自分の言葉で言いたい事も言えず、

自分たちの曲を歌うことも踊ることも禁じられ、

5人の番組で「観覧」という形でファンと近づくことさえ絶たれたのだ。

 

2016年12月31日。
「サムガ」リーダー・中居君はこう言った。

「メンバーはァ 今年1年、ほんとによく頑張りました。 うん!」

「よく踏ん張ったと思います。あの 色んな思いがあったと思います。 もう、色んな思いが入り混じって 複雑な思い、あったと思います。 みんなも習ったことのない1年ですから。 うん。・・・よく頑張ったな~・・とは思います。うん。・・最後まで、あの・・しっかり、SMAPを務めたと 僕は思います。うん。」

「ねぎらいとか、お褒めの言葉を あげて欲しいなあって ・・思いますね。」

 

 

ほんとに、ほんとうに・・・
どれだけ苦しかっただろう・・あの優しい人達が・・

それから何年も・・そう、
いまだに “濡れ衣” をそれぞれに着せられたままだ。
それでも、笑顔でいまも私たちの前に立ってくれている。

ファンの太陽でいてくれる。

それがどれほど難しく、大変なことか。
痛いほどしみる・・・

心から ありがとう。

どうぞ元気でいてね。幸せでいてね。
♪。.:*・゜♪。.:*・゜

そして、いつか “濡れ衣”が晴れる日が来るように・・・
私は忘れない。
それまで、SMAPにいい思いをさせてもらっていた芸能界とマスコミが
徒党を組んで SMAPが葬られるのを手助けしたことを。
長い物に巻かれて 見て見ぬフリしたことを。

恨み、じゃない。

胸に刻んでいるだけ。

そういう「世の常」に自分が負けないように。⭐

 

今日も情報番組は、誹謗中傷ウンチャラ・・言葉の暴力ナントカ・・
まるで「いいネタみつけた!」と喜んでいるようにさえ見えた。
忘れない。
けして、乗せられないからね。

― 常に 自分の目で見て 自分の心で感じられるように ―