中居君の目がいきいきと輝き出した☆芯までエンターティナー

音楽が流れだしたら・・・

シュッ と集中力。

音に合わせてダンスが始まったら・・・

目の強くなる。

 

 

10/16放送の「新・日本男児と中居」での中居君。
アイドルダンス分析男児さんに熱く語った。🔥

着眼点は、常に「発信」する側。
どう見せるか、どう見えるか、何が出来るか。
その中で、受け取る側にいかに楽しんでもらうか。

プロなのだ。⭐️

 

小さな箱でやる時。
ドームでやる時。
最前列も 天井席も楽しんでもらうことをいつも心がけてた。

ダンサーじゃない
その先を行く エンターティナー⭐️として。

「受け取る」側をいかに楽しませるか。
そのプロなのだ。

 

そんな中居君が、「もの凄い、固結びをしてしまっておいた エンターテインメントのスイッチ」があると語ってくれたのは2019年3月のラジオ。

 

2019年の年明けて、“2~3年ぶりぐらい”にCDを買った中居君。
“音楽から離れてた” けど、久しぶりに「聴いてみようかな」と思ったと。
「のどじまんTHEワールド」がキッカケで、MISIAの歌を聴いて、次に安室ちゃんを聴いた。🎵
3枚組の3枚目・・最初の30秒で「ヤバイヤバイ・・💦」変なスイッチ入っちゃった、と。

 

「なんだ!?この曲の構成」

「どんな感覚で作ってんのかな?」by 中居君

 

 

きっと「新・日本男児と中居」で目を輝かせて、全身で音を聴いているあの中居君みたいに自然に入り込んでしまったのだろう。そして・・

Σ ハッ! 「ヤバイ!」と。
固結びをしてしまっておいたエンターテインメントのスイッチが・・入っちゃうぞ!💦
「危なかった」

 

 

「や、俺 固結びして ギンギンに結んで もう!俺の 奥の方~に・・しまって。その扉も、なんか鍵を何重にもしてたのに ガチャガチャ・・ガチャガチャッ・・って動いちゃってるから」

「でもさすがだったね。その当時に結んだ、やっぱり・・あの 結び方は頑丈だったね。」

「でも危なかった(笑)ホント、危なかったのよ」by 中居君

 

 

今、改めて “その当時”っていつだったんだろう・・なんてフッと思ったり。
このラジオを聴いた時の私の気持ちは言葉ではうまく表現できない・・
それでも「ラジオで語ってくれるまでに」良くなってきていたんだろうけど。
この時点では、何重にも鍵かけて奥に閉まっている状態と知らされたのだから。

あれから1年半。

今年、中居君が事務所を離れ・・

少しずつ、少しずつ、何かが変わって来てるのかな・・なんて感じながら・・
なにより、周りのスタッフの温かい後押し、みたいなものも感じて。

 

中居君の気持ちが自然に動いてくれたら、それでいい。.:*・゜

 

そう思ってる。
彼は骨の髄までエンターティナー。

プレイヤー、演出家、プロデューサー、評論家、そしてお客さん目線も併せ持つ プロなのだ。

中居君の目が いきいきと輝きだした。☆.*

 

あとは、中居君自身のタイミングで、いつでもやりたいことがあれば、動いてくれれば・・・

 

「新・日本男児」で熱く語る中居君を見た翌日。
「ニュースな会」でも、筒美京平さん特集の中でJ-POPをキラキラ✨した目で語る中居君がいた。

SMAP「GO NOW!」と口にしてくれた。

私はその一言で、一気に「GO NOW!」と歌われていた当時に心が飛んだ。🌈
それが音楽。
その力が音楽には・・エンターテインメントにはある。
 ☆.*

それを誰より知っている中居正広という人間は、オーディエンスを喜ばせる方法も知っている。

あなたのGOサイン☆をそっと見守っている。

 

ラジオレポはこちら ⇒ 2019/3/16「ON&ONAIR」中居君が固結びして仕舞った扉の鍵/エンターテインメントのスイッチ

 

♪。.:*・゜♪。.:*・゜

 

テレビ局 ご意見公式サイト  テレビ局へのリクエスト、ご意見

このブログの原点は  「さくさく