いよいよ発売に ♪ピンポンパンポンプーが特設コーナーで大展開

 

皆さんのお手元に届きましたか?

まだ・・の方もあと少しで 逢えますように

今日の「ニュースな会」では、こんな素敵なコーナーを展開されている場所を紹介してくれました。

 

すごい!! (〇_〇)
大展開じゃないですか! 二子玉川の蔦屋さん。

実は・・・
ピンポンパンポンプー」のプロモーション展開を交渉しに劇団さん、古市さんが蔦屋さんにわざわざお願いしに行ってました。

やりがちな“言い間違え”を劇団さんもしていた、という(^m^)
「ピンポンパンプー」・・古市さんに訂正されてましたけど(笑)

オススメの本を置くコーナーとしての「一等地」✨を取材してみると・・

(1)人通りの多い、平台。
定番の人気作品や書店員オススメの新作を展開するところうん、確かに人が集まる良い場所よね。ただ、不安要素としては多くの人気作と並ぶので、新作は埋もれてしまう心配もある・・とのこと。

(2)遠くからも見える壁面。
平積みよりもお客さんの目に留まりやすいのでランキングを目指す新刊などに最適。
オ―ッ・・しかもかなり広いスペース!古市さんも劇団さんも乗り気です!

不安要素としては・・この広いスペースを埋めるために多くのアイテムが必要とのこと。

(3)通路に出っ張った台での展開。
出っ張っているので目立つね。絵本コーナーへの導線でもあるんだね。

さて・・
売り込みはしっかり2人で行ないましたが・・・実際にどこに置いてもらえたのか!?
もしかして、どこにも展開してもらえてないかも?・・全然売れてないかも・・なんて話がスタジオで飛び出しましたが・・・

「!!」

中居君のこのビックリ顔☆.*

そうです! 2人もノリノリだった あの広~いスペースで展開されてました~
パチパチ☆ (*゚▽゚ノノ゙☆
中居君も「これはいい待遇じゃないですか?」と。劇団さんは「ありがたいなぁ」

古市さんの下絵のイラストも展示されてる~ 素晴らしい。

あ!

レポーターは・・我らが「宣伝部長」キスマイ宮田くんです!!
なんかちょっとぎこちなかったけど(笑)本当にありがとう~🎵

書店の担当者さんに売り上げを聞いてみると・・
「予約いただいていた方が続々といらっしゃっていまして。でもまだまだ これだけ在庫がありますので、沢山の方にお手に取って頂けると思います。予約なしでもご購入いただけます。」

思わず劇団さんが「ずいぶん、在庫抱えてるように見えるんですけど」(スタジオは爆笑)💨

劇団 「売れ残ってるんじゃないですよね?」

書店員さん 「あの・・異例の100冊仕入れておりますので、沢山の方に買っていただけるように揃えています」

宮田 「異例の100冊入荷、ということですよ中居さん!」

劇団 「100冊、仕入れ過ぎだなーってちょっと後悔してますか?」

 

書店員さん 「いえ、後悔はしてないけど がんばって売ろうと・・」

この返答に中居君もスタジオのみんなも大ウケ。(。→∀←。)

宮田くん、実際に絵本を買ってくださったお客さんにもインタビューしたり、がんばってました。✨劇団さんにはすぐにスタジオに返そう、返そう、としてる・・と言われてましたけど(笑)
中継でスタジオをのやり取りも難しいし、ちょっと緊張してたと思うけど中居君もあたたかく見守ってました。

のすべての始まり・・
劇団さんが作った のんちゃん・びりーくんの3Dフィギュアも展示されているそうです。

 

中居 「宮田さん、聞こえますか? テレビ史上・・なかなか見ない噛み合わない感じ?」

宮田 「あれ?噛み合ってないですか?」

中居 「全然、噛み合ってない」

劇団さんが「タイムラグがあるだけだから、噛み合ってますよ。全然大丈夫よ」とやさしくフォロー。

安心した宮田くん。「スタジオにお返しします!」
劇団さん「すぐ返そうとする。」

それを聞いて、ニッコニコの中居君。

中居 「自信なかったのかな?」

劇団 「そうですね、あんなにすぐ返そうとするって」

アハハ(≧m≦)
でも、スタジオではとっても優しく宮田くんのレポを見守ってましたよ~
わきあいあい

展示は 12/1(火)までなんですね。
行ける方は少ないかもしれないけれど・・たくさんの方の目に止まり、手に取っていただきたいですね 「ニュースな会」発信のプロジェクトだから・・だけじゃなく、本当に素敵な絵本なので。

 

♪。.:*・゜♪。.:*・゜

テレビ局 ご意見公式サイト  テレビ局へのリクエスト、ご意見

このブログの原点は  「さくさく」