2021/01/02「ON&ONAIR」環境が変わって思い、志が変わることもある/お歳暮/整ってきたオフィス。

<HAPPY BIRTDAY TO YEAR~♪スペシャルっ>

 

 

中居 「 はっぴ~ば~すで~とぅいやー はっぴばすでーとぅいや~ はぴばすでーとぅいやー (笑)はぴばすでーとぅいやー

「あけましておめでとうございます。中居です。 2021年のスタート~!」✨

 

「『21年の主な予定。1月 バイデン大統領が誕生。 2月 ユニバーサルスタジオジャパンに任天堂のテーマエリアが完成。 3月 東日本大震災から10年。  7月・8月 東京オリンピック、東京パラリンピック開催予定。 9月 アメリカ同時多発テロから20年。女子サッカー・プロリーグが開幕予定。  11月 ドモコの iモードの公式サイトが運用終了予定。』 これコバヤシくんが抜粋したの?」

「・・ふぅ~ん・・なんか、「えーっ!そうなんだ!」ってのが・・ そんな中ですけど・・さあ!2021年 あらっ! えっ!そう。 49になるということは49歳。40代最後の年になるんだって。 あらやだ。どうしましょ。 今年の目標はですね、なんと・・・(ささやき声で)とくにない!=3

「 それじゃあ 誰から行こうか。 じゃ、嵐。」

スタッフ 「嵐っ」💦

中居 「フヘヘヘ(笑)」

 

 

 

 

曲:A・RA・SHI(嵐/1999)

 

 

 

 

~CM明け~

中居 「さて、去年はなんか普通ではない1年、ね~っ・・ということで終わってしまったような。うーん・・。東京オリンピックは延期されたりだとか、スポーツイベントが中止になったりだとか、プロ野球も異例の6月の開幕。ねえ。 総理も変わったんですねぇー。安倍総理から菅総理と。うん。」

「チラッ と嵐の話、出ましたけども。ちょっとお休みするわけじゃないですか。あの~・・新型コロナウイルス・・ねっ?ブレーキなのか、アクセルなのか? ねっ?経済回すのか、それともストップするのか?なんて・・でもねぇ、あのぉ~・・その環境によって、その状況によって あの国が出す意見とか政府の出す・・あのね、全然僕はブレていいような気がするんですよ。“新型”ですから。初めてのことですから。前こう言ってたのに変わったんじゃないか・・いやいや、状況が変わったんですよ。数字が変わったんですよ。 ちゃんとその説明をしてもらえれば、あの~・・なんだ全然・・なんかブレることも大事なんじゃないのかなって思ったりしたんですね。」

「 だから嵐くんも。 あのー・・去年、一昨年に「活動をいったんお休みしまーす」って言ってから、1年半・・2年弱だったのかな? 31日を機にお休みします。」・・・あの~・・今週復帰してもいいんですよね。うん。 だから、1日・2日・3日。三が日休んで4日から・・え~・・再会します。・・でも僕はいいと思ってます。」

「変わってもいい・・や、別にね(笑)あの 僕、本人たちじゃないから分かんないですけど。ね、2020年いっぱいで・・って言って、1年半 2年弱?ね? ここのゴールを目がけて「いったんお休みします~」までのゴールを・・に目指してやってたんだけども。『アレっ!?これ休まなくてもいいんじゃね?』みたいな(笑)分かんないよ?」

「『でも会見しちゃったしな』って。『今さら言えないな』・・え~・・『12月31日で活動をひと休みしますけども、1月の3日 再開します!』・・・僕は全然いいと思う。なんなら、1か月後でもいし。うん。 2021年の間でもいいです。 もしかして、10年後かもしれないし。5年後・・それ誰も分かることじゃないですけども。」

「そんなんでもいいんですよ~ うん。環境が変わって、思いが変わって、志が変わることはあるわけですから。

ごく、ごく・・(飲み物を飲む音)

「でもタレントさん、著名人は大変ですよね。 なんかこう・・曲げてしまうことがカッコ悪いとか。うん。 気持ちが変わってしまったことのなんか・・ダサさ、みたいなってよく言われたりしますけど。 でも変わるには、なんらかのなんだかの要因があって、重ねて重ねて「やっぱ違う」。重ねて重ねて「こっちの方がいい」。また重ねて重ねて「ん?また違う」とか・・そういう中で結論を出して、う~ん環境が変わって。」

僕は全然あっていいんじゃないかなぁ~って だから嵐くんは別に 1か月後でも 1週間後でも。ね?本人たちしか分からないんで。 あの~無責任なことを言いますが。なんて思ったりしますけど。」

 

 

 

「さて、そんな中ねぇ 俺ねぇ 以前、正月に話す話じゃないかもしんないですけど、加湿器・・僕、修理出したのって知ってます? 修理出して、え~っとぉ・・部品の生産がなく、直らず・・って言われました。あれ直りませんって。」(スタッフ 笑)

「修理不能だって。」

えぇ~っ!? って。」

「はぁー・・・ショックだったなあ💧・・なんか部品の生産がもうしてないので、あのぅ・・直らず、って。で、これどうすんの? 持って帰って来てもしょうがないし、あっちで処分してくれんのかなあ? お金出すのかな?処分代。 だから、新しいの買わないと!もう1個。

「もう1個買うの何がいいのかな~。だから、この間 ダイニチ買ったんですよ。ダイニチ買って、もう1台 ダイニチ?・・うん・・何がいいんだろ? 同じ物買った方いいのかな?(笑)だから、しょう・・正月明けに買うのか迷ってたりするんですけども。直らない、っつーんだよなあ!なんで直んないんだろ?・・なんか、そんなに難しい構図じゃないから・・日本ってすごく職人さんがしっかりしてるイメージあるから・・やってくれそうだなと思ったんだけど・・ダメだって言うから・・じゃあしょうがないよね。捨てるしか・・だって、うるせえんだもん」

アァーアーー⚡ ってなるんだもん」

「・・・しかたない。」(´・_・`)

 

 

 

 

「お正月に話す話じゃない? お正月ってお正月っぽい話しなきゃいけないのかな? あのー 前に10万円で・・あのなんか、おみくじみたいなやつ。テレ朝の。なんだっけあれ? 宝くじみたいな。ナンバーズ?をやって・・みたいなロケがあったんですけど。 えー、その後に ある商業施設の中でその勝ったぶんをご飯食べるつって、僕 ステーキ食べたんですけど。今までのステーキ・・僕の歴史の中で3本の指に入るぐらい美味かった。」

「1,130円だったんですけど。ご飯大盛りで。ものすごく!僕は美味かっ・・あれ何度・・もう1回行きたいんだよなあ。すっげぇ美味かっ・・・腹減っ・・いや、美味かった✨ なんだろ・・もう忘れられないぐらい美味しくて。もう衝撃的な・・ほんとに、じゅぅう~・・肉ぅ~・・♡みたいな。おいし・・美味しかったなぁと思って。」

「これほんとに3本の指に入るかな?と思って、その3日4日後に近くの「いきなりステーキ」行ったんだけども、これもまた3本の指に入った。(スタッフ 笑)

「・・ってことは、生涯の今・・ベスト3のステーキの1、2か。2、3かわかんないよ?うん。それを1週間で食べた、って話。 お正月っぽくない?」

 

 

 

「美味しいものに出逢いましたぁ~ん・・ これ売ってないんだよなー。僕の近くのコンビニにしか売ってなくてスーパーには置いてないの。あの“ラムネ”ってあるじゃん。よく。・・よくオーソドックスの・・森永ラムネ~のラムネ。あれの・・あの 梅・・うめ・・梅ラムネ、みたいいのが。だから森永かロッテかどっちか分かんないんだけども。その梅の味は、ロッテの梅ガムの味なのね。そのラムネ。」

「これ、めちゃくちゃ美味い!」by まさひろ


「あの 名称は分かんないんだよな。でも、それのブルーベリーもあったのよ。ブルーベリーガムってあるじゃん? あれのブルー・・ブルーベリーガムのラムネ編。梅ガムのラムネ編みたいな。この梅ガムのラムうまいんだよなぁ でも近くのコンビニしかない。スーパーとかには置いてない。 あるでしょ?」

(スタッフが検索中?)

「・・“男梅”じゃないよぉ」=3

「ロッテじゃない?」

「ロッテ、梅ラムネ。・・“ラムネ”って森永の名前?(何かを見て)それ小梅ちゃんじゃん。小梅ちゃんじゃない・・ロッテの梅の!ガムの!ラムネ。だから無いんだよ。ブルーベリーも食べた時にスゲェ美味しくて。 あ!なんだこのラムネ ブルーベリーのラムネも美味しいなと思って。そしたら、梅のもあったんだよね。」

「・・あれなんで売ってないんだろ。近くのコンビニしか売ってないんだよね。スーパー・・僕の行ってる・・4軒ぐらい行ってるスーパー、ひとっつも売ってないんだよな。それでも出逢えたことの 嬉しさの話。 正月だから。」

 

 

 

 

「こんな話していいのかな? あのー 去年・・ま、ま、ちょっとご飯に ちょっと出ようかって言ってた時期に。あのー・・じゃ今年初めてだな、って。あ、2回目・・スタッフ。僕の あの現場のスタッフ・・と「行こっか?」って。で、一応だから こう煙を吸ってくれるから、焼肉がいいんじゃないかな?って。焼肉だったら、こうなんか 勝手になんか飛沫を吸い取ってくれるんじゃないかな? で、斜めに斜に構えて座りながら。」

「えー、そう4人5人ぐらいで男性スタッフ、女性スタッフが居て。で、なんか「途中で出なきゃいけないんですよ」って言う人と「途中から来ますよ」って人と。で、なんか結局、全員集合がなくて。 ほんで、そしたら僕・・そしたらじゃあもう 帰っちゃうんだったら来てもらわなくてもいいか、1~2時間で帰るからって。そんな長居するわけでもないから。」

「そしたら、「じゃあ あの俺、帰りますー」って。「あー、全然いいよ 全然。もうちょっとしたら帰るし」なんつって。そしたら、僕ね・・初めて?かもしんないけど。男性、僕一人。女性2人と3人になったの。・・・・初めてかもしんない。女性2人と3人で時間を過ごしたのは。」

「でも、いつも居るスタッフだから「あ、食べな~」つって。で、トングも自分でやって。もうマイトングで、って。ほんで「はい、食べてください」とかも全然いい。自分のは自分で取んないと。なんかこれでね、唾液が云々・・とかなっちゃうとやだから・・って。で、くっちゃべってたんだけど・・」

「あれ!?こんなこと・・で、喋ってても「あれ?こんなことあったっけな!?」みたいな。 女性2人と僕1人って・・今まで・・女の子と2人はあるけど。で、男2人で・・たぶん、友達の彼女とか僕の好きな人とか・・なんかそういうのはあったとしても。・・なんか僕1人、女性2人っていうのが・・あれ、こんなケース初めてかもしんねーなって。うん。でもいつも居るスタッフだから、別に違和感なかったんだけど。」

 

「・・・でも おかしなもんで、すんげぇ・・日頃、ほとんど あのー挨拶しかしないぐらい。雑談とかもしないんですけど。すんげぇよく喋るなーと思って。すんげー喋んのよ。“あ、こんなに笑うんだ”みたいな。あ、やっぱり上司・・上司が居なかったのその日(笑)だから。」(スタッフ 笑)

「うん。上司が居なかったから。すんげぇ笑うし、すげー喋るし。すんげぇ悪口も言うし。・・フハハハハ(笑)」(スタッフ 笑)

「あ、そうなんだ、そうなんだって。あ、今そうなんだ、へぇ~・・って。あーそうなんだ~。今、うまくいってないんだ~、うまくいってるんだ~、あそこがいいんだ~・・あそこ今、立ち止まってるんだ~みたいな。「へー、そう」よく喋んな~みたいな。でも変な・・変な感じ あ、そう言えば女の人と3人で食べんのって・・あるかな?今まで・・」

 

ごく、ごく・・(飲み物を飲む音)

「いや、無いなー。うん。」

「だから、そう 「スタッフと」ってのが初めて。プライベートでも・・ま、それもプライベートみたいなもんだったんだけど。新鮮だった。あ、これも別に悪くないなと思いながらも、でもこんな・・そんな時期だったんで「あ、じゃあすぐ帰りましょうか」って帰りましたけど。」

 

「あれっ!? なんと喋ることがなくなっちゃった。」

「・・あっ!」パンッ=3

「えー、わたくし生まれて初めて、去年ですね えー、お歳暮を贈りました。(笑)」(スタッフ 笑)

 

「それをちょっと・・いいんですよ・・あの お歳暮システムを初めて作りました。これ難しかったぁー やっぱり、喜んでもらいたいから・・って思うんですけど。あんまり高い物だと・・よくないみたいですね。「返さなきゃ!」・・って思わせ・・で、あんまりちんちくりんだと「なんだこれ?」。そのちょうど良さの匙加減が僕の人生の中で無いんですよ。ちょうどいいやつが。うん。」

「で、なんか食べ物はよくない、のか・・消耗品がいい、とか。残る物はよくない・・これ分かんない、だってお歳暮の常識をまったく学んだことがないから。やったことないから。で、誰に贈るのかも分かんない。とりあえず・・とりあえず偉い人だべ、みたいな。偉い人には贈っとくべみたいな。・・フッハハハッ(笑)」

 

「で、誰が偉いんだ!? 偉いのか分かんないべ・・みたいな。(笑)で、いろんな人から・・「誰に贈っといた方がいいの?」とか・・クック(笑) 「え?そこまで?」「あっ・・そこまでしなくていいんだ」「へえ~」とか。いろんなタレントさんのマネージャーさんから話を伺って。 で、なんか・・これ何を贈ったって言うものなの? あんま言わない方がいいの?」

(スタッフ「言わないんじゃない?」

「言わない? 俺でも言わない?ジョークでも。ジョークでも言うもんじゃない? ジョークで贈ったわけじゃないんだけど(笑)」

 

「でも初めてでしたよ。難しかったなぁー・・。最初だから、百貨店の上とか夏ぐらいから、最初 お歳暮とあのー・・お中元? これダブルで・・んー どうしよっか~・・みたいな。だから、急に・・急に“なかい”ってなっちゃうと(笑)あれだから。だって、4月で1人になって、急に3~4か月後にお中元来るの気持ち悪いでしょ? (笑)だからちょっとお中元やめとこっかな、と思ってお歳暮からか~・・って。」

「やっぱお金かかりますね。うん!」

「今までやっぱりそれを会社がやってくれてたわけじゃないですか。これもやんなきゃいけないんですよ。うん! 大変!名簿作って。なんか・・うん。「この人もやった方がいいよ」「あ、この人もやった方がいいな」「え、この人もやった方がいいだろ」この人は・・つったら、すげぇいっぱいになっちゃうのね。俺、結婚式あげれないね。(スタッフ 笑)

「無理。」(゚ー゚)

「いや、お歳暮の誰にあげたらいいの?とか、誰にはあげなくてもいいとか・・を考えたら、これ結婚式 誰呼んだ方がいいとか、こいつ辞めた方がいいとか、出来ないワ。ホントに。びっくりしちゃったぁー

カラン☆ ごくん!(飲み物を飲む音)

 

「物も考えたなぁ。結局、でもこれも・・こっちから贈ったけど、自分たちが贈ってないところから来た場合・・あれってどうすんの?返すの? ・・っていうのをすぐなのか、年越してもいいのか分かんないから「もう何十個買っておいた方がいい」って買った! だからそれオフィスに置いてる。」(スタッフ 笑)

「へへへ(笑)ハハハハ」=3

「・・・クックック・・(笑)オフィスに置いてる。 アッ! あ、ちなみに あの~コピー機、ブラザーを買いました。ありがとうございます(あざーす的発音)いろんな人にね、ブラザーがいいって言われて。」

「俺なんか、カラリオ~エプソン!とか。うん・・エプソンともう1個なんだっけ?キャノン。ここら辺がやっぱいいな・・ブラザーがいいって人が・・ブラザーを買ったな。これで電話も買って、電話線も引いたから だいぶね、整って来ましたよ!」

「うん。あっ!そうだ! 去年の年末、イス来てるはずだな。イス!」(スタッフ 笑)

なんせ、イスって高いのよ。だから、今オフィスにあるやつで家電は別にして、棚とかなんとかで一番高いのって、椅子。イス、4~5万するからね。こういうびよょょ~~ん・・・💨みたいな寄りかかれる・・寄りかかるのもなんかボヨ~ンってなるやつ。 肘かけのやつとか。イスが高いのよ!! ニトリでも高いんだ!?って思って俺。うん。」

「んじゃあ・・なん・・何の歌がいいですか? えっ・・無くても大丈夫かな? 無くていいでしょ」(゚ー゚)

~ 曲なし ~

~ CMへ ~

 

 

 

 

 

~エンディング~

中居 「今年どんな1年になるんだろ。ね? コロナ次第とは・・コロナ次第かもしれないですけど。じゃ、コロナが収まったら・・僕自身ですよ? そんな変わんないんですよね。何が変わるのかなあ? 今年もよろしくぅ~

「今週のおまけハガキ~ 石川県のさんたにいさん」

おまけハガキ 「バッティンググローブは何色がお好きですか?」

中居 「今ねぇ 僕は・・白赤。白黒。2つ持ってます。 また来週」⭐

*****************************

焼肉屋さんでの「女性2人と僕」の3人体制のお話といい、
お歳暮、椅子びよょ~ん、ブラザーコピー機のお話も全て繋がってるね。
2020年の中居君の新たなスタート☆

新しい世界での経験。
今まで会社がやってくれてた・・っていうお歳暮の話もそうだけど。
トップアイドル、スーパースター☆の中居君は女性と一緒に歩いたり、同席するだけでも誤解を招いたり、何に巻き込まれるかわからないから・・ボケ~っとしててOKの一般人とは違う日常だったんだと思う。

これからは、中居君自身の裁量、センスにかかってるってことだね。なにごとも。

ワクワク♪もするし、身震いもしちゃうね。
でも、中居流を貫くんだろうなあ。
のんびりなかい の2021年を楽しみにしています。
環境が変わって、重ねて重ねて・・また自分自身をリニューアルさせていけるっていいですよね。🌈

 

♪。.:*・゜♪。.:*・゜

番組へのメッセージ ⇒ おハガキで 〒100-8439 ニッポン放送「中居正広 ON & ON AIR」係
 


のんびりなかい   のんびりなかい公式「お問合せ・メッセージページ」