3月18日という日。~白い影~

今日は3月18日☆.*+

私はこの3月18日に毎年、ブログを更新している。
それはたいてい、直江先生へのお手紙みたいな・・独り言みたいな内容である。

 

直江先生

 

直江庸介は、「白い影」の主人公。
そして「白い影」は、渡辺淳一先生が原作「無影燈」をドラマ化したものである。
初めは1973年に故・田宮二郎氏の白い影シリーズの第一作として放送された。そして・・
2001年にTBS日曜劇場で再び、「白い影」がドラマ化された。

主人公・直江庸介を中居正広。
相手役の志村倫子は竹内結子。


そして、この“3月18日”という日は、この2001年版の最終回が放送された日でもあり、

直江が支笏湖に消えた・・という事実を倫子とともに視聴者の私たちも受け止めた日であった。


それから

この3月18日と言う日は

“NN病” の人たちにとって

特別な日になった。

それぞれ、思い思いに・・直江先生を心に思う日。

 

渡辺淳一先生が世に送り出した「無影燈」は・・時代が変わっても人々の心の中に生き続ける。
小説、フィクション、ドラマ、・・・
そう思う人もいるだろう。

しかし、この物語の世界の中に入った人間には永遠だ。

これからも、この物語を愛し、このドラマを愛し。
私の中の直江先生と倫子はいつまでも寄り添って、幸せそうだ。

 

大好きなドラマ。

「白い影」。

これからも、私の中でかけがえのない存在。

この季節は・・あのたんぽぽが咲く川辺に・・

2人が手をつないで微笑んでいる・・そんな気がする。

 

 

渡辺淳一先生が「無影燈」(白い影)についてインタビューでお話になった記事をもとにブログにまとめています。以前も紹介しているので恐縮ですが・・・

よろしければ・・

★コチラ 中居正広は直江庸介をやるために生まれてきた(by三城P)~渡辺淳一さん、ありがとうございました~