さくさく☆2

SMAP&中居正広さん大好き ~もっと飛べるよ~

2024/06/22「中居正広 ON&ONAIR」ヅラ推せ!/ゴルフの先生は/落合さん工藤さん、最高だったな

交流戦終わった~スペシャル~>

 

 

 

 

中居 「どうもこんばんは中居です。」

「『プロ野球はセパ交流戦が終わりまして、レギュラーシーズンに戻って参りました~。結果は東北楽天ゴールデンイーグルス 13勝5敗。球団創設から20年、初優勝。」

\ パンパンパンパン、パンパンパン!!☆ /

ジャイアンツは8勝9敗1分け。12球団中、7位。

\ パンパンパンパン、パンパンパン!☆ /

「『セ・リーグパ・リーグで見ると、パ・リーグが勝ち越し。中居君、交流戦結構観戦できましたか?』観たぁ~!

「『6/16はDAZNの特番に出てましたね』出てましたァ~!・・・最っ高でしたね・・ 最高だなあ

「最終日の ジャイアンツ・日本ハム戦を 落合博満さんと工藤公康さんと、工藤三郎さんっていうアナウンサーと… え~・・だいたい野球って3時間前後…ま、2時間台って無いかなぁ ホント3時間から3時間15分ぐらい。で、この試合もニッポンハムは加藤投手、ジャイアンツのピッチャーが菅野投手。いいピッチャー同士は、あんまり点が入らないんで終わる時間が早い・・で、6回7回終わった時点で「あれ?これ2時間台で終わるんじゃないかな~」って。2時間4、50分あるいは…そんなもんじゃないかな?って話してたら、延長になって。結局、4時間だったんですね。ちょうどピッタリ4時間ぐらいかな。」


「 最高の時間でしたね。

「あの聴きたいことはなんでも なんか聴いていい…聞いちゃいけないんですけどね。なんでもいいわけじゃないんですけど。工藤さんと落合さん。 あぁ もう最高だったなぁ・・・
 ☆:.*⁺

「前回だから交流戦が始まる前に落合さんと五十嵐良太さん、あと野口さん、キャッチャーの方。と一緒にやって…その時は収録だったんですけども、今回生放送で・・あ~・・最高ですね。」

(スタッフ 笑)

「うん・・。」

「落合さん何でも答えてくれるんだもの。ああ・・ああ見えてって…「ああ見えて」どう見えてるんだろ?なんかこう不器用そうで、余計なことは喋らなくて思ったことはズバッと言う。ああもう… だいぶ、だいぶ好きなタイプ の人ですね。うん。スパッスパッ スパッ・・」

「なんか前後にあるわけじゃない。もうほんとにスパッて答えてくれる。うん。」

「工藤さんは 選手やって、一回退いた後、番組側の方をやってた人なので。それがまたね… お喋りが上手だなっていうのと、基本的なサービス精神が こっち側スタッフ側にも立てる人なんで。あれはもうホントに工藤さんやりやすいですね。で、まあ話が面白いので。で、野球のことも詳しいので。でもまぁ解説僕もまぁまぁ好きな人ですね。」

「工藤さんと谷繁さんって・・谷繁さんが解説の時って面白いんですよ。解説の人ね、1人の時もあれば…テレビね。1人の時もあれば2人の時もあるんですよ。で、工藤さんなり、谷繁さんなり・・2人ってテレビたまにあるんだけど。2人の時の誰が話したらいいかなって…そしたら工藤さんと谷繁さんの話がねぇ こうなんつぅんだろな。こうリードと…ピッチャーが投げたいのとキャッチャーがリードしたいのとが、ちょっとねこうバラけたりするのね。このリード論みたいのが、ものすごく僕好きで。」

「で、工藤さんと その話もチラッと『谷繁さんとの 面白いですね』「リードの話でしょう?」って・・ 最っ高だったな、4時間。夢のようだった

落合さん、いいなぁ・・落合さんてあんな解説のブースとかって・・僕、ブースってまぁま、最近…ね?解説の方と一緒に話をするなんてこと無いんですけど。中でも落合さんと出来たらいいな、なんて。落合さんが、解説の時とか わざわざビデオに録ったりしますからね。ジャイアンツ戦じゃなくても。あのね、TBS系でね たまに落合さんやったりするんですけど。わざわざなんか、ビデオ録って。落合さんの解説聴きたくて。・・落合さんと出来たの最高だった。」

「でもね、振り返ってみたら、あ~これも聴きたかったな、これも聴きたかった・・でも「聴きたいこと」を聴いてると、これね難しいんですって。あの試合の方に集中するのか、それともイニング間で落合さんの話、工藤さんの話とか…なんかね、僕偏っちゃうんだよな・・。これも難しいんだよな💧・・うん、でもこの番組はちょっとこう『試合より脱線しても、落合さんと工藤さんの話を』みたいな…「あ~わかりました」なんて、話をしてたんだけども。うん…でも野球も観たいしねぇ~、聴きたいしね~…4時間たっぷり。 いやいつもの

(スタッフ 笑)

 

 

 

曲:Wピース 中居正広 作詞・作曲・歌唱/2024)

 

 

 

~ CMへ ~

 

 

 

~ CM明け ~

中居 はがき ・・ クリコさん。クリコさんって絵描いてんだよ。これ僕の顔描いてんのかな? そうだよね?のんちゃんとびりーくん…そうだね。すごいわたくしのこと こう少年のように…全然似てないのに…」

(スタッフ 笑)

 

 

ハガキ 「フードコートを自由に作れるとしたら、どんなお店を入れたいですか?」


中居 「フードコート? 最高だね♡  この間もそうか、神奈川でゴルフがある時はだいたい東名で高速乗ってくのかな。東名で行って…そうすると必ずやっぱり間違えなく海老名のサービスエリアに入って。海老名のサービスエリアも街みたいになってるね。」

(スタッフ「街(笑)」

「ほんとフードコートなんだけど、なんかねお惣菜とかも売ってたりするから。ここまでなくてもいいんじゃないかな?って思うぐらい充実して、結局ぐる~っと回ってなんにも買わなかったりするんだけど。」

フードコートね~ まぁ理想はそう…まあ マックあるといいね。あるとこ無いとこあんのよ、意外と。でね、まぁそれこそ あの…僕が行ったイトーヨーカドーのフードコートがマックとケンタッキーどっちも入ってんのよ。うん。」

「フードコートを自由に作れるとしたらどんなお店・・」ワクワクしてるわりに出てこないな。結局、ラーメン・・ラーメン屋さん、おそば屋さん、中華屋さん・・フードコートってあれ定食みたいなのってあんまないね? あ、でもあるとこあるか・・うん・・・あんまワクワクしない 思ったより。

(スタッフ 笑)

「でも 結局なんかラーメンとか、おそばとか、それこそカツカレー、カレーとか。ああいうのが簡易的なものが美味しいんだよね。うん。ね? 鍋出てきても困っちゃうもんね。しゃぶしゃぶとかやるわけにいかないでしょう? フードコートで(笑)うん。」

「焼きそば、たこ焼き、お好み焼き、みたいなことだよね。なんか「粉だらけ」だね。フードコートって(笑)まぁ粉好きだワほんとに。粉もんが。どー見ても」💨

「最近、僕 朝ご飯・・ん~ え~とね食パン🍞…今日も食パン🍞食べたけども・・あんねぇ そうだ、体調壊した話していい?

「何年か前、体調壊したでしょう? その時に病院の先生にソーセージとベーコンとハムは気をつけてください、って言われたの憶えてるの。いわゆる加工品?うん。は、ちょっと控えるようにって言われたの。「あ~…そうなんだ…」その時そうね、いろいろあったんだよな、控えるようにって言われたの。でもそれがすごく強烈に憶えてて。」

「それから、そこに全く行ってなかったんだけどね。久しぶりになんか、この先月ぐらいから…朝ごはんやっぱり、美味いねピザトースト。最高✨美味いよ、うん。ゴメン、クリコさん。そんなにテンション上がらなかったワ。」

(スタッフ 笑)

「申し訳ない。続きまして~ ラジオネーム、エリンギさん。」


ハガキ 「中居くんがはまるわけない、と思ってたのに まんまとはまったものってありますか?」


中居 「・・「はまるわけない」って思ってないな。」

「ごめんなさいね、「はまる」と思ってはまるのをやめてて・・これどうせはまっちゃうから・・って手を出さなかった。それがまず一つ目が、まぁ麻雀だね。もうはまるのが分かってたから。あ~ でもこれはまったら コレ大変だなと思って。で、結局始めたのが30・・30ね、1、2とか・・30じゃなくて30チョイ過ぎぐらいかな。もぅはまるの分かってたんだよね。お父さんの見てて・・うん 」

「どうしようかな~・・・はまってみる!?

(スタッフ 笑)

「これだって、どっぷりなっちゃうの‥自分の性格と‥うん、しょうがないか30、うん。やってみようか やってみて「あ、これダメだったな」と思うこともあるんだけども。でも、はまるのが分かるやつね。もぅなんだろ『沼には~まろ!』って、はまって試したら、あ(笑)ホントにはまった…しっかりはまったって。しっかりはまったね。」


「それと…実はゴルフ。これ「実は」はなんですよ。」

「ゴルフは、今まで僕ハタチからやってるから、30年ぐらいやってるけど。その30年の間、練習いっさい行かなかったんだよね。練習いっさい、ですよ?・・でぇ、先生に頼んだ方がいいんじゃないか?とか…とか言うんだけど。先生はたぶん、僕、無理なんですよ。そうやって自分の可能性を狭くしてどうするの? 分かります、分かるんですけど。

「例えば、やってる時に こう教えてくれる先輩の人とかいたけども・・なんだろな?・・まぁ、教室行くとするじゃないですか。なんかこう…屋内で こうシュミレーションゴルフ⛳みたいなので、じゃあ練習1時間やる・・それでやってもいいんですけど・・まず、2人きりが大丈夫かな?って。知らない人と。

(スタッフ 笑)

「うん。 大丈夫かなっていうのと、教えてもらってもなんかこう…どっかで疑ってしまったら、どうすんのかなって。先生によって、その「型」も違ければ、教え方も違ければ、スイングの基本も なんか違ったりする、って聞いたことがあって。で、ある人が習ってから「おかしくなっちゃった」っていう話も聞いたことがあんのね。その「習ってからおかしくなっちゃった」は困るなぁ なんて。」

「で、合わなかったらどうしようかな💧 それと、じゃあこうやって右へ振り上げて…足をもうちょっと狭めて、もうちょっと肘を畳んで、顔はこれで…そうやったら全然まっすぐ行きますよ~・・って言われて、曲がっちゃったらどうしようかな?と思っちゃう💧」

(スタッフ 笑)

「なんか成果を・・その場で成果を出さなければいけない・・プレッシャー 僕が「右に曲がっちゃうんですよ」「左に曲がっちゃうんですよ~」つって・・「あ~、はいはいはい」中居くんはね、今こうやって・・こうやるでしょう・・こうやってる時にほらほらホラ右足がこうなってるじゃないですか。これじゃあ閉じてみましょうか、とかね。じゃあ右手こうやって・・「あ~右手が伸びてるじゃないですか、これをきゅっと絞ってみましょうか。あのね、それだけで真っ直ぐ行くからやってみて」つって、すごい右行ったらどうします? 申し訳ないでしょう。」

(スタッフ 笑)

「その人に喜んでもらわなきゃいけないでしょ? 僕が喜びたいんだけど。結果を出すことによって、その人が「ホラ!ぼく教え方上手いでしょ?」をやりたい人もいるわけじゃないですか。そういう人とぶち当たった時に、ほんと真っ直ぐ行かなくて「あ~わかった! 、右足はこうする、手はこうしてやってください」って真っ直ぐ行きました!・・って時に『行ったでしょ?ホラ』『これだけでいいんだから』とか。『ねっ?そんなね、いろんな人がいるかもしれないんだけど。今の中居くん…右足と右手で・・これだけで真っ直ぐ行くから。もう大丈夫! 』」

 

「 そんなわけいかないでしょ  」(スタッフ 笑)


「そうするとなんかね、そのプレッシャーとかに、なんかこう…僕は勝てなさそうな気がするんだよね。だから僕もあんまり、人に教えること技術的に教えるってことは…あんまりないかな~・・うん。」

「だから行かないのかな。で、「先生に行く」っていうのをいろんなシュミレーションゴルフ、いろんな自分の中でのシュミレーションをしたら、行かない方が…自分でやった方がいいかな、と思いつつも去年ぐらいから、YouTubeをね(笑)」

(スタッフ 笑)

YouTubeで、自分の先生を見つけて。その先生のを見てちょっとやってみようかな?…つってから、今年入ってほらホールインワンとか。ね? 82出しました~とか。ハーフ39出しました~とか。今年入ってから、全部3つとも。それでこう…YouTube見て・・で、それで自分の中でイメージしたものを・・これでゴルフの練習場に行ってみよう!と思ったのかな。はまってみよう、って。」

「「はまってみよう」ってのかなぁ 今までは趣味の延長上で、みんなで楽しければいいな。今も楽しいだけでいいんだけども。まぁ「はまった」って言ったら、はまったかな。」


「韓国ドラマ」ね。・・(小声で)ちょっと観てないなぁ~・・」
「もうねぇ 1回はまるとそれしかやんないから。僕、韓国ドラマほとん・・ドラマもうね、ちょっと網羅しちゃったんだよなぁ~・・」(スタッフ 笑)「で、NETFLIXとか、あとプライムビデオとか見ると「あ~、観た」「あ~、観た。あ~観た」で、何カ月に1回ちょっとこう…新しいの出てるかな?と思っても、そんなしょっちゅう出てるもんでもないから。

「でもちょっと… もうね もうホントに1、2年観てないから(笑)フフッ あんだけ観てたのに観てないから、ちょっと…行ってみようかな。うん。韓国部屋へ・・行ってみようかなと思ったりする。」


「僕は「はまる」「は
まんない」かって、はまんないと思うんだけども。『推し』っているじゃないですか。『推し』ってあるでしょ?人を推す。推すっていうかワッショイする・・ってことでしょ? こう「推し」が居たら、楽しいだろうなと思うね。

「うん・・つぎ込むよね。」

スタッフ 「(笑)つぎ込む?・・」

中居 
「つぎ込むんでしょ? 違う? ポスター買ったり、カード買ったりとかでしょう?…つぎ込むけど、推しみたいなのが居たら…ちょっと楽しいだろうね。

「僕がさ、推し・・推し「推し」って応援ってことでしょ? ひいきにする。応援する。でしょ? それって大体アイドルなの?に限らず?  限らないか。アイドルとか、アニメ?・・だからアニメもアイドルも 僕はまったことが無いから。なぜか?って、僕はまさ・・はまらせる方だから。」

(スタッフ 笑)

「ははは(笑)・・」

“推される方”でしょ?わたし。推される・・推されなが・・長かったから。推したことが無いから。誰かこうなんか推しみたい・・でもまぁ無理・・無いかぁ。今まで無かったんだから。この世界入る前から、無かったからね。『野球⚾が好き!』とかって、ちょっと推しとは違うんだよね。これ今の時代の「推し」とは…そんなカードを買いたいとか、なんかその人の何々欲しい・・そういうのがないんだよね。それ今でもそう「ジャイアンツが好き」つっても、今まで…うーん・・野球選手とご飯を食べる機会が、ね?たぶん幾度とあったんじゃないかなと思ったけども。「ちょっとそれは別に大丈夫です」みたいな。「行きたいか行きたくないか?」つったら、行きたいのか・・うん・・ちょっとそれは推しとはまた違うのか・・うん 」

「なんかそうね、カードが欲しいとか、下敷きが欲しいとか、何がグッズが欲しいとかそういうのが無いんだよね。でも推し・・そんな僕が「推しが居る」とするじゃないですか。毎週のようにラジオで話すわけですよね。推しの話を。だいぶ推されるよね

スタッフ 「(笑)だいぶ推される?・・」

中居 「ね?」(゚ー゚)

「僕、分析が好きだからさ。その方の魅力をさ、細か~くさ、分析していいところをこう…「推して~」つったら。そしたらさ・・え?こんなこと言っていいのかな? 僕が推したら、中居ヅラも推すんじゃない ね?ヅラも。」


『ヅラ、推せ』つって。」

「「ヅラ、推せ」つったら、たぶん推してくれるよね。フフフ(笑)」(スタッフ 笑)

「「ヅラ推せ」・・言葉悪いな。 でもね~、ま、そうね。だけど居たらおもしろ…楽しいのかな?って思っちゃったりするね~・・聞くもん、周りでもなんか・・周りにあんま居ないんだよな~「アイツ好きで~」「アイツに今はまってて~」とか、あのコにっていうのは、そんな聞いたことないんだけども。ま、そういう人をテレビとかで見たりすると、ま、羨ましいなぁ~って。うん・・」

「続いて。ななぜろさん。」

 


ハガキ 「中居くんの家には鏡はいくつありますか?」

中居 「・・鏡って。いくつってどういうことだろ? 姿見は…えっと~、2つ。お洋服がある部屋と玄関。あと・・あとなんだろ?・・あ~!洗面所の鏡って最初から付いてるな・・扉に。洗面所、手を洗うところの正面にもう鏡・・鏡、扉がもう鏡になってる感じ。うん。でも洗面所の鏡は見ない…あ、見るか…見ないか、見るか。・・あんま、そうだね・・顔は 顔は寄らないね。あの家で。」

(スタッフ「え?(笑)」

「顔を寄ってこう鏡で見るって・・が、ないね。小っちゃい鏡とか…あ、小っちゃい鏡あったっけな・・あるけど、どこにあるか分かんないぐらいだな。うん。・・そうね、今日はだから、え~っと おうち出る時・・見てないな、姿見は・・うん。歯磨いた時、見るか?・・うん、ぐらいかな?」

「えっと2つか。小っちゃいのは1個どっかにあると思うけども。う~ん、あるかないかな~…ぐらいだね。うん。なんか知んないけど、その鏡がね、アナスイなのよ。」

スタッフ 「(笑)アナスイ?」

中居 アナスイって知ってる? なんのブランド…女の子のブランドだよね? あれがあるんだよね。どの流れで(笑)」(スタッフ 笑)「どの女の子が、来た時とか…俺、全然わかんないんだけど。でも、アナスイなのよ。・・誰だろ!? 全然わかんない、だから貰ったのかもしれないんだけど。これね、えっとねもう結構前から。」

「え?違ったっけ? アナスイじゃないかなあ?じゃあ。それがあるんだよねえ。ちょっと見てみよう。たぶん、それだと思うんだよな。」

「コマーシャル。」

 

 

 

~ 曲なし ~

 

 

 

~ CMへ ~

 

 

 

~エンディング~

中居 「さぁ~て、来週のオンアンド オンエアは? イクラですキリッ

「“置き配”、“ゴルフに前乗りした街でウーバーやってない”、“おハガキスペシャル”の3本立てです。 あ~ん・・ンアッ💨 また来週ぅ~

(スタッフ 笑)

「今週のおまけハガキぃ~ ラジオネーム、“こゆきじ”?」

 

おまけハガキ 「中居さんはふりかけ使いますか? 好きなふりかけはありますか?」


中居 わたくし、ふ り か け ません! ふりかけません。ただ夜食はほとんど毎日、今おにぎり🍙です。シャケと明太子の繰り返しです。また来週ぅ~


**************************************************

ほうほう、自覚がないのですね。
あなたはこのラジオでよく「野球」のお話をされておりまして、かなり熱く語っておりまして。それは長年に渡って続いており・・

それを聴いているうちに、ファンも「〇◯さん」って名前を憶え、そしてあなたがテレビなどで解説したり、共演したりするたび「あ、この人ね」となり・・気が付けば野球番組を観るようになり。

特に中居君がスペシャル✨サポーター的なお仕事や、キャスター的なお仕事の時は本気で一緒に応援し、いつの間にか野球の面白さにはまって・・選手の魅力にはまって・・という・・今週もあなたが熱く語っていた「落合さん」とかも自然と好意的に理解できるようになり・・

これは野球に限らず、ですけど。
一般的に批判されがちな人も「中居フィルター」を通して、好きになったり、理解できるようになる・・というのはよくあること。

「ヅラ推せ」って言われなくても・・たぶん、みんなそんな日々かと(笑)


なんというか「推す」というワードの解釈はいろいろですけどね。
中居君の言うように、“つぎ込む”とい側面もあるでしょう。一方で、実質あまりお金を使えなくても、出来る範囲で情報を集めたり、応援してる人もいますからね。
そういう意味では、中居君は野球リスペクト✨スペシャルに推してますよね、たくさんの人に野球の魅力を「伝える」というすごい影響力を持っていますから。

ゴルフ、自分なりに練習できる方法を見つけられてよかったですね

中居君が健康で元気にたのしく エンジョイゴルフ⛳してるのが、ファンとして嬉しいのです。
おいしくなんでも食べられるようになったことが本当に嬉しいのです。

 

番組へのメッセージ  おハガキで 〒100-8439 ニッポン放送中居正広 ON & ON AIR」係