さくさく☆2

SMAP&中居正広さん大好き ~もっと飛べるよ~

2024/06/29「中居正広 ON&ONAIR」ほぐして欲しい/かっけぇこの子/ビジユニ/名前は入れた方がいい

<ネット買いスペシャル~>

 

 

 

 

中居 「どうもこんばんは中居です。」

「『置き配という言葉がここ数年使われております。コロナ禍の頃、宅配の荷物を対面せずに受け取る方法として、考え出されたサービスですが段々定着しつつあります。この6月から大手の宅配業者でも置き配サービスを拡大充実させると発表し、実施しているとのことです。 玄関ドア前、宅配ボックスガスメーターボックス、車庫、物置、自転車のカゴ、マンションの管理人さんにお預け、コンビニなどにある宅配便ロッカーなどを選べるそうです。』」

ふぅ~ん・・この間ね ゴルフに行く時、郊外…東京からね、ま、1時間半ぐらいするところでそれが “7時半ぐらいから始まります”(笑)前乗りして・・これ話していいのかな? その日は行くメンバーも「あ、じゃあ…」東京の友達だったのね「俺らも行きます」って。「僕らも行きます」「俺も行く」とかなって。ホテルも取ってくれて。

「で、「じゃあご飯はどうしようか?」って…そのホテルの近くの居酒屋さんみたいなところ行って、食べて・・「もう1軒行く?」みたいな。まだ8時半、9時だからもう1軒ぐらい行ってもいっか~・・つって。もう1軒どこ行こうか?つって・・で、郊外でもう周りがその・・なんか居酒屋さんがありました~・・つったら、そこの周辺にポツン、ポツン、って何軒かあるみたいな。で、なんかそのお店がネオンが光ってる“スナック”…みたいのがあったの。ちょっとエロそうな店だったのね。で、そこ行ってみようか?~と思って(笑)で、行ったのよ。」

「そしたら(笑)…こんな話していいのかな? ホントなんかドラマに出てきそうな(笑)…なんかスナックだったのね。「中居さん、こんなとこでいいですか?」って・・いや、別にいいよ(笑)あの悪いことしてるわけじゃないから、ここで。全然飲もうよって。」

「そしたら、女の人の従業員さんが居て。で、明るくてなんか話してて(笑)…そしたら(笑)…こんなこと…そうだね。こっちはそんな、なんていう気持ちがあるわけじゃないけども。なんかこうスリスリスリってこう・・あのスリスリしてくるような…なんか、人だったのね(笑)フッフフ・・」

「なんか話してる「ちょっとちょっと~」って肘をつつくみたいな。なんか面白い・・そしたらその女性の従業員さんが、「すいませんね!」って。「今日、腕の毛剃ってないから、チクチクして」って言うのね(笑)スリスリスリ、ってすると。」

「(笑)「いや、別に大丈夫です。全然気にしないでください」って。「今日、腕の毛剃るの忘れちゃったのよ」って。ほんで、「あの脱毛とかしないんですか?」みたいな。女性するでしょ? ムダ毛の処理みたいな。そしたら、脱毛サロンはここら辺にはないです、と。「車でどこどこの駅まで行くとあるとは聞いたことはあるけども、行ったことないし~、高いし~」って言うから。あそういうのって…郊外ではそんな無かったりするんだ~…みたいな話をしてたわけ。」

「それで「あ、なんか腹減ったな~」みたいな。「なんかあるんですか?」つって。小腹空いたから・・分かんない、それでラーメンなのかチャーハンなのか軽いもんでもいいかな~と思って。そしたら「出前取りましょうか?」って言うから。あ!?出前取る・・あ、でも出前取るほどじゃないかな~・・つった時に 俺の友達が「ウーバーでもいいですよ」って。そしたら「すいませ~ん💧ここら辺、ウーバー無いんですよ」

「えウーバー無いっていうのはどういうことなのかな 僕、ウーバーもやったことないんだけど。ウーバーっていうのは、そもそも無いんだって。だからそこで、ウーバー頼んだら、どっから・・どこに取りに行って・・その“ウーバー屋さん”ね。どっから来るんだろうね? ネットだから…どっからでも頼めるわけでしょ? じゃあ「お寿司!」🍣・・どこのお寿司屋さんに行って・・その行く人はどっから現れるんだろうね。」

「『ウーバーっていうのは無いんです』1時間か1時間半のちょっと郊外に行ったら・・全然違うんだね。で、「やったことない」って言うの。その女の人30ぐらいかな? うん。だからこれ、ね?“6月から置き配”とか・・またこれ違うか。また全然別か。・・そうね。 こういう話もなんか、ね?大都市だけの話なのかな?と思っちゃって。で、オレ地元の友達に聞いたら、やっぱり地元…辻堂…藤沢だけどウーバーやったことないつってたね。登録さえもしてない・・みたいね。不思議だね。」

「じゃいつもので。」(゚ー゚)

 

 

 

曲:Wピース 中居正広 作詞・作曲・歌唱/2024)

 

 

 

~ CMへ ~

 

 

 

~ CM明け ~

中居 広島県のよっこんさん。」

 

 

ハガキ 「ゴルフや長時間の収録などで疲れを感じることはありますか?その疲れは翌日には回復されますか?」

中居 「ん~・・あまりよく分かってないなあ。“疲れる”ってなんだろな もう睡眠不足イコール疲れてる、ってなんか 自分で感じちゃったりして。でも僕毎日いっぱい寝てるから。だるいとか、痛いとか・・かなぁ? うん・・」

「次の日たとえば「しんどいな~」とか「疲れたんだろうな~」とかって次の日の収録になっちゃえば・・なんかもう、そんなこと言ってられないから「疲れてるから」っていうわけにもいかないから。そん時には忘れちゃってるかな。」

「でも、ゴルフとかやってて 今なんかこう あったかくなって来て、結構汗かいたりすると、次の日かなぁ? うん。なんかこう起きる時「アテテテテ・・💦」みたいなのがあるから。・・・ちょっとマッサージを…ほんと2、3日前「あれ?今日マッサージとか行こうかなぁ?」・・ただ、マッサージをプライベートで・・やってもらったことがない。もぅなんなら、どこに行けばいいのか・・もう分からないのね。」

「「やったことない」って言うのは…む~かし、むかしあるところ行ったことはあるんだけども。やっぱ気持ちよくなかったのかな。で、その空間もちょっと自分も不得意だな~って。苦手だったりするのかな。知らない人となんかこう、狭い部屋でこう…するっでしょ? で、「痛いですか?痛くないですか?」とか「気持ちいいですか?」って言われても・・実際、そういうコミュニケーションってをあんま取りたくないから、1回2回無視して、寝たふりをするっていう。」

「でもその1時間? 90分とかやってる間っていうのも 無視して寝たふりしてるつっても、寝れないから。ずぅ~っとうつ伏せならうつ伏せで、ず~っと起きたまんまっていうのもツライね。 フッ フフフフ(笑)」

(スタッフ 笑)

「なんにもしないで、ずーっと同じ体勢で寝たふりしてるわけだから、うん、しんどいね。寝たふりの1時間は。」


「でもなんか、“ほぐして”欲しいな~・・っていうのは、ほんと2、3日前に思ったから。う~ん…でもどこに行けばいいのか💧 やっぱり苦手なのかなとか。知り合いの人でなんかこう…教えてもらおうかなとか。それ行くわけにも…いかないんだよね。で、知り合いの人に頼んで、苦手だったら「どうだった?」って聞かれてもね。「やっぱすげぇ ヤだったわ」って言うわけにもいかないなぁとか。「すげぇよかったよ」って言わなきゃいけないなぁとか。

「そういうの考えると…でもねちょっとね してもらおうかなぁ~・・と思ったんだよ・・あの マッサージ機? マッサージ機買ってみようかな?・・と思って…う~ん…でも「買ってみようかな」って、買った人の話を聞いたことあるけども、まあ~座らないっていうね。・・うん。最初はなんかちょっと…っていうけども。まあやらないって。」

「でもやってもらおうかな? でもどうせマッサージしてもらうんだったら・・やっぱ女の人の方がいい?」

スタッフ 「それは・・(笑)」

中居 「目的違う?(笑)困っちゃうか。」

「ほんとの本音で言ったら、やっぱり 綺麗なおねえさんにやってもらった方がいいだろうけど。でも実際に行ったら、もう意識しちゃって ダメだろうね。」

(スタッフ 笑)

「意識しちゃうじゃない。リラックスしに行ってるのに。かと言って・・・なんか、汗だくのじいさんも困っちゃうね。…そうね、困っちゃうでしょ? どういう人がいいんだろうなぁ うん。」

「ね? やってもらおうかな? 良くなるかな? むか~し、そうだね あの腰痛が酷いなぁ~って時にこれを治してもらうためにいろんな所に行った時期があったのかな。半年でなんかほんとに何軒も行った時があった。半年で・・そん時はでもあんまり・・そうだなあ。30ぐらい…20年ぐらい前かなあ?」

「・・どうしよ。 でも行かないだろうなー 別に。」

「えー まるるさん。」

 

 

ハガキ 「中居くんはデパ地下でどのぐらいの時間過ごせますか?」

 

中居 「ん~・・これもなんか一緒だな。もう買う物決めて、行くかな。必ず買う物をもうこれと、これとこれ…って決めて。あとはなんかこう、目に入って「あっ、これもあった方がいいかな」ってものは買う・・うん。長い時間、とどまることが出来ないから・・せっかち・・せっかちって言うのかな? あの無駄な時間をこう過ごせないっていうのかな。うん。」

「そうだ、これ メモに書いたけどなぁ・・

「あの~… 苦情… 苦情だな。苦情じゃない文句だな。」

「・・うん・・やっぱり、レジでコソコソッ・・「中居だ」っていう・・人が居るでしょ?」

「いるのね。だいたい分かってますけど。どこのスーパーとか、どこのデパ地下の どこどこの人…って(苦笑)・・うん💧何べんも言おうと思うけども、なんて言えばいいのか分かんなくて。「ちょっともうやめてもらえます?」って・・気になるっていうのと、(ひそひそ声)「なかい・・」「ほら 来たッ」つって.。でも、その人は絶対に僕にバレないようにコソコソやってるんだろうけども、絶対分かるのね、こっち側は。」

「で、その人の顔も分かるけど 聞いてる人がやっぱコッチ見るわけでしょ? 「なかいだ」つって。で、聞いてる側は「エッ?どこっ?」って言うので。そのリアクションで僕はもう分かるの。「あ、もうこれで待ってるのに💧」…でも中には居るんだよな。聞いてる人が1回も僕を見ないで、それ言ってる人にそんなこと言わないでくださいみたいな態度を取る人もいるのよ。言ってる人は「ねえ見て!なかいくんよ!」教えてもらえてよかったでしょ?・・何人かに1回、無視する人がいて。

何言ってんの、仕事中に” “本人嫌がってるかもしれないじゃない みたいな態度取るの。かっけえ~・・この子✨って。 いるんだよな~、ほんと・・コソコソって。」

 

「あのこれもねぇ ゴルフ…とかやってると、キャディーさん居るでしょ?これも難しいんだよな・・。例えばそれこそ、タレントさんと行くこともあるのね。誰とは言わないです、タレントさんで行って・・キャディーさんって僕なんかの手伝いをしてくれるの。その手伝いっていうのは、いろんなお手伝いがあって。カートを運転してくれたりだとか、なんならカートに乗らないでずっと歩いてついてくるキャディーさんも居るのね。「みなさん、ゆっくり乗ってください」って。「乗ったらいいじゃないですか」って言っても「ゴルフ場の方針で乗れないんですよ」って。そういうゴルフ場もあったりして。

「で、そのキャディーさんは僕なんかのボールが右に行った、左に行った…って時に「あ、右に行きましたよ」って教えてくれたり「左に行きましたよ」って。で、残りどんぐらい距離残ってますか?・・とか。そういうのを教えてくれる。そういうのなんだけど、タレントさんと行くことがありますつって。例えば、じゃあAさん・Bさん・Cさん・中居さん。ね?で、Aさんが打ちました・・打ち終わりました・・ボールどこかな?って。Bさんが打つ時に、Aさんっていうタレントさんとなんかこうコチョコチョ楽しくなちゃって・・パァーーンってBさんが打った時、「あれ?ボールどこ行った?」つったら「すいません、話に夢中になっちゃって」みたいな。

「・・・いいけど・・・こう盛り上がっちゃうのは もちろんいいことだし。でも最低ここ・・競技中、やってる人のボールの行方ぐらい見てもらわないと・・」

で、携帯で「写真撮っていいですか~?」って人も・・「すいません、写真は…」そうね、あとこれもね難しいんだけど。これはね、一番わかりやすいのは、すいません名前出して申し訳ないけども、ザキヤマさんっているじゃないですか。ねっ? 行ったことあるんですけど。

「なんだろ?これは・・でもこれ高度なんだけど。僕はここまでと思わないんだけど。でも気になっちゃうことは気になっちゃう。例えば、名前4人居るとだいたいその4人の名前を苗字ぐらいキャディーさんって把握してるんですよ。メモしてるのかな? 例えば、なかいさん、たなかさん、やまださん、ザキヤマさん・・だとするじゃないですか。僕は本名だからいいですけど。例えば、芸名の人もいるじゃないですか。」

「じゃ芸名で・・例えば芸名と本名がしっかりしている人・・例えば「鶴瓶さん」とするじゃないですか(笑)で、あの人苗字が「駿河」さんっていうんですけど。これたまにホントに駿河さん」って言う人が居るのよ。この人、さすがだな✨って思うの。名前を登録するのは本名で、例えば鶴瓶さんだったら“笑福亭鶴瓶”で申し込むことはないですから、駿河学さん・・駿河学さんっていうの。で、「駿河さん」って言う人がいるのよ。」

「で、僕らが周りでいくら「鶴瓶さーん」とか「鶴瓶さんナイス~」つっても、駿河さん、ボールこちらですよ」とか・・この人、プロだな。いいキャディーさんだな✨ それでも、「鶴瓶さん」って言う人がいる。でも鶴瓶さん…みんなが“鶴瓶さん”だし、みんな“鶴瓶さん”だから。

「で、その山崎さんになると・・「山崎さん、こちらです~」僕は山崎さんのこと「やまざき」って言うんだけど。たまに「ザキヤマさん」って言う人がいるの。・・ザキヤマさん、こちらにボールありますよ』って。いやいや💧ザキヤマ”じゃねえだろ・・っていう(笑)ハハハハ 」💨

 

「芸名でもないし。で、俺ら「ザキヤマ」って呼んでる人がそんなに居なかった…山崎さんなのか、やまざきとか呼んでんのに。それをね、なんかテレビで呼び・・日頃呼んでるか分かんないけども。俺なんかみんなが、ザキヤマって呼んでたなら「ザキヤマさん」かもしれないけど。それたまたま、みんな「やまざき」って呼んでんのに。そのキャディーさんだけ「ザキヤマさん」で呼んでんのね。」

(スタッフ 笑)

「そうすると(笑)いや、やまざきさんだろって。ザキヤマさんじゃねえだろ”って(笑)で、山崎も別に気にしてないのよ。で、俺も気にしないつっちゃ気にならないんだけども・・そこは「山崎さん」でいってほしいなって。うん。 でもそこを「山崎さん」って呼んでる人を見ると「ああ凄いなキャティーさん」って。うん。そうね・・もう「べーさん」とか呼んだらほんとショックだね。・・うん・・」

「ラジオネーム、わこまっぷさん」

 

 

ハガキ 「中居くんは以前、ジャイアンツのビジターユニフォームがあまり好きではないと言っていたと思いますが、今年から新しくなったビジユニ、かっこいいと思いませんか?どうでしょう?」

中居 「かっこいい!!」

「もうここ10何年、20年…わかんない、今までの歴代のビジターのユニフォームの中で一番かっこいい 今年から

「あのね、40年前から50年前。うっすいブルーだったの。それもなんかね、あんまり好きじゃなかったのね。で、ここ近年もなんかね、薄いグレーとか…グレーなんだけど、ちょっとね今回のユニフォーム、かっ・・一番いいと思うワ。この首のところと袖と・・いい色が。うん、一番いい。一番いい

(スタッフ 笑)

かっこいい。みんな似合ってるっ! うん。」

「たぶんね、これ選手たちも評判よくないかなぁ。あとそうだなぁ 後ろの 名前?背番号の上に名前がないんですよ、ジャイアンツだけ。これはジャイアンツは…う~ん「巨人軍であって、個人軍ではない」って。個人の名前を憶えてもらうのではなくて、巨人と…チームとしてやるから、名前は要らない…みたいな。チラッと聞いたことがあるかな・・」

「これでも僕は名前を 入れた方がいいと思いますね~・・」

少しでも憶えてもらって、球場で声かけられるし。それが選手にとって励みになるだろうなって。僕は 背番号で あの名前が分かるからいいですけど。これから、初めて野球を観ようとか、初めて見た時に「この人かっこいい」とか「このプレーいいな」ホームラン打った、誰々さんだろ?っていう時に、後ろに書いてあった方がやっぱり・・憶えてもらえるんじゃないのかなぁって・・

「うん・・いろんなこと・・うん。書いてあった方がいいな・・デメリットとか、志とかあったとしても、名前は・・これから見てもらう人の初心者の人には名前を憶えてもらうってことは大事なことだと思うから。それも選手の励みになるんじゃないかなって思うし、名前は復活した方がいいと思うな~・・コマーシャル。

 

 

 

~ 曲なし ~

 

 

 

~ CMへ ~

 

 

 

~エンディング~

中居 「さあお別れです。」

「僕も今度衣装の背中にちょっと名前入れようかなと思ってて。」

(スタッフ 笑)

「ハハハハ(笑)💨 名前憶えてもらうために。どうだろ? でもまあ、放送中に背中が映ることほとんど無いので」(スタッフ 笑)「テレビに背中を向けることが。」

「だって、門脇が5番になったの知らないでし そうだから、去年まで門脇って35番だったのね。で、今じゃあ「誰?35番」つったら、泉口っていうルーキーが35番、ショートなんですけども。で、前に・・去年の35番のルーキーが門脇っていう選手。門脇選手は5番背負ってるんだけども。でも、僕でさえも あの後ろから映っててショートがパッと映ると35番だから「あ、今日スタメン門脇だ」・・「あ、違う。泉口に替わったんだ」・・僕でも、一瞬の背番号で「アッ、これ門脇だ・・あ~違う違う泉口・・アレッ?門脇5番・・あ、5番になったんだ」って。浸透するまで長かったりするから、名前を付けてはどうでしょうか
(゚ー゚)

「それではまた来週。今週のおまけハガキ、まゆみさん」

 

おまけハガキ 「天せいろのエビは最初に食べますか?それとも最後に食べますか?」

中居 「うん・・最初。 最初に食べます。」

「・・いま僕、天ぷらに凝ってるんですよ。今、天ぷらを…毎日のように食べてますね。海老、大葉、さつまいも。うん。美味しい。 これで、天ぷらの油を… いい油なんだっけ?」

スタッフ 「オリーブオイル?」

中居 「オリーブオイル。オリーブオイルで揚げたらどうなんの? で、揚げよっかな?と思うけども・・(急に小声になって)さっすがにねぇ~・・・あんないっぱいの油をオリーブオイルだったらちょっとね・・うん・・また来週

 

***********************************************

オープニング、置き配の話題がなぜか郊外のスナックのスリスリの話題に(笑)
ウーバーは私もよくシステム分かんないけど、さすがに全国津々浦々に対応はしてないんじゃないだろうか。
それでも、中居君がゴルフに行く程度の郊外でそういうちょっとしたカルチャーショックがあった、ってのはよく分かる。
ネットが世界中に発達して地域差はなくなってるぶん・・ちょっとしたことで・・「あれ?」ってね。

 

それにしても。
ちょっと疲れたな~みたいな「未病」のうちに、セルフケアや身近なプロにケアしてもらえるのがベストだよね。
中居君みたいなスター☆は大変だなあ💧・・そして、中居君の性格上、いろいろ相手側のことも気を遣うし・・リラックスできずかえって疲れちゃいそうだよね。

以前から言ってるけれど、なんかよい専任のサポートをしてくれる人が中居君についててくれたらいいのになあ。
特に健康のことはね、年々無理がきかなくなりますから・・( ̄人 ̄)

しかし、中居君がお買い物に行くお店の方。
せっかく自分のところに来てくれてるのに・・どうしてそんな・・プロならお客さんが買いやすいように そっとしてあげて欲しいよ~

 

番組へのメッセージ ⇒ おハガキで 〒100-8439 ニッポン放送中居正広 ON & ON AIR」係